So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018-03-24 [THAT'S LIFE]

昨日、目の病気が再発。 視界が歪んでこれ以上は身の危険を感じて早退。

今朝、新聞の競馬欄に目を通す。何が何だかわからず気持ちが悪い。

昼間、中山競馬場で写真を撮った。

2018-3-24-1.JPG

何も見えず良いか悪いのかもわからず、楽しさや爽快感は皆無。

私は今、何もかも全てを終わりにしたい衝動に襲われている。

次のブログ更新は、いつになるかわからないという事だけは、たった今決まった。

コメント(1) 

困ったね・・・ [THAT'S LIFE]

目の病気再発。まいったね・・・

コメント(0) 

ホワイトデイ [THAT'S LIFE]

3月14日、ホワイトデイ。いつもこちらへ訪れる皆様へ感謝の気持ちを。

2018-3-14-1.JPG

誕生日は、祝ってくれという日ではなくて、

周りに生かされている事に感謝する日ですね私。

好き勝手にわがままできるのも、私の事を活かしてくれる方々や環境があるからであって、そこを絶対に忘れてはいけないと感じるばかりでございます私。

誕生日は、祝福される日ではなく、より感謝する日ではないかと思います私。この気持ちだけは忘れずに持ち続けて、感謝を返せる私でありたいなと思います私。


コメント(0) 

to me,to you 64 [Nil to Hero]

2月最終週に中山競馬場へ写真を撮りに行った時の模様を私。2週間前の出来事です。発表までに随分と時間を要しているという事は、馬券も写真も散々だったという事を察していただけましたら幸いです。こういう日は仕上がり遅いです私(笑)

2018-3-11-1.jpg

競馬の世界では2月末が人事の区切りな感が。調教師の70歳定年制で引退するフトシの横断幕を探すと、フトシ厩舎の看板馬ディサイファ(こちらもこの日で引退レース)とフトシのイメージカラーであるピンクが色鮮やかに!

こちらの横断幕の右隣には、私が競馬を観始めた頃の横断幕、騎手フトシやサクラバクシンオーの横断幕まで!!20数年ぶりに見た景色に朝から随分と感激しましたよ私。ディサイファ横断幕のブーケの飾り付けが何とも粋!!!

2018-3-11-2.jpg

競馬を観始めた時は騎手として、競馬写真を撮り始めた時は調教師として、華と彩りを与えてくれたフトシも定年引退。バカヤローって叫んだ日も、笑顔交じりで心から憎めなかった。ひとまずお疲れさま。愛憎どちらも良い思い出に!この日は一度しか遭遇する事ができなかったけど、引退最後の日にフトシが見れてよかった!

2018-3-11-3.jpg

結局の所、競馬撮影で、競馬場の中で一番好きな瞬間ってのは、

特別でもなんでもなくて、普段何気なく当たり前のように見ている景色が

いつもそこに在るという幸せを感じる時ではないかとやはり思う私。

2018-3-11-4.JPG

何というか、典弘が何かやると条件反射的にシャッター切ってる私(笑)

2018-3-11-6.JPG

本来、横の構図で写すべきなのでしょうけれども、

縦構図で情報を遮断したら、手にあたたかさが、手に愛情が伝わるような、

遮断された構図の外側を想像したくなる私がいた。

2018-3-11-7.JPG

血統の良い馬ではあるが、2月末のこの時期に、しかも中山でデビュー戦を使うか?という疑問。。。やはり気性的に難があった訳ですか・・・で、この馬、やっぱり良い所なしの結果も、私の馬券は別の馬買うもそちらもさっぱりダメでした(笑)

2018-3-11-8.JPG

ここからメインレースの中山記念の時の写真を私。最近はグランプリロードでばかり撮っている感があったので、久しぶりに返し馬でも。前年のマイルCS王者のペルシアンナイト。開幕週の馬場と展開に悪い意味ではまってしまった5着。迫力ある1枚も、返し馬の写真が久しぶりすぎて、構図が追い付かなかったのが真相(笑)

2018-3-11-9.JPG

走れども人気にならないマルターズアポジー。こちらは開幕週の恩恵を受けた3着逃げ粘り。しかしながら道中ハイペースだったので、力があるから粘れたと感じる私。何よりすごいのが、デビューからハナを譲った事がないという個性がカッコ良い。いつかハナを奪われる日が来るのか?の視線と戦い、勝ち続けるスタート直後の楽しさ!

2018-3-11-10.JPG

この日で引退のディサイファ。大きなケガもなく、何年も何十戦も走って、重賞も勝って、一頭の競走馬を観続ける楽しさや、頑張り続ける姿、フトシが手掛けた、人馬ともにラストランってのもありましたが、ファンの多い馬なんだなあと改めて思った私。余生はダーレーの功労馬も、血統が良いので種牡馬としても見てみたい!

2018-3-11-11.JPG

今日最大の楽しみや目的の典弘アエロリット。久しぶりにラチ沿いの返し馬を味わう。何度経験してもこの瞬間はニヤリとしてしまう私(笑)

2018-3-11-12.JPG

中山芝1800mの時の写真的お得感は。調子に乗ってレース前にカード容量ゼロにならないように気を付けたい所です(笑)

2018-3-11-14.JPG

レースの方はマルターズアポジーがハイペースで逃げて、2番手の典弘が交わすだけのレースを期待したのですが、勝ち馬(ウインブライト)に早々に並びかけられて典弘には厳しい展開に。惨敗も覚悟したがそこから盛り返しての2着なのだからアエロリットも力がある!でも勝ちたかったなあ~。帰りの足取り重いコースです(笑)

勝ち馬のを撮るのは容易であったが、この日はアエロリットか(有馬記念で本命にして進路塞がって悔しい思いをした)サクラアンプルールしか撮るつもりはなかったので、こちらを撮る事に。差のない4着に有馬記念で進路が塞がっていなかったらどうなっていたのか?と悔しい思いがさらに帰りの足取りを重くなった(笑)

2018-3-11-15.JPG

応援している馬や騎手が勝ってくれれば、良い写真撮れて馬券も当たれば文句なしも、うまくいかない日の方が多くて、帰りの足取りが重い日を何度経験した事やら。この日もそんな1日でしたが、はじまるまでのワクワク感と、結果が伴わず帰宅からの作業の進み具合の遅さ(笑)ここまで含めて楽しめよという事で。次は勝ちたい!

コメント(0) 

CALLING 70 [CALLING]

先週中山競馬場へ行き、写真を撮っていた訳ですが、応援していた馬は2着に負け、馬券の方はかれこれひと月以上の連敗。非常にテンションが低く、写真のチェックや仕上げが全然進まずの私。勝っていれば物凄い勢いで仕上げたくなるのに。

2018-2-25-2.JPG

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●K山さん

底なし沼の底、もうこれ以上はないだろうと思ったら、さすが底なし沼!って感じの日常をお互い送っているみたいですね(笑)

目の方も劇的とはいかずも少しずつ良くなっているのであれば・・・まあこちらは底を打ったのでは!とエールを送っておきます(笑)

仕事後だとゲームを進める時間はホント限られますよねえ。休日にまとめて進めても結構なボリュームで。ドラクエの復刻は復活の呪文はどうなっている訳?携帯で写真撮ったら、文字がつぶれて判別できずってのが新しいパターンなのだろうか?(笑)

2月に大雪降られた時は大変でしたよ。残り二駅で1時間半止まった後、駅から自転車押して30分で帰宅・・・暑さと寒さは、やはり寒さの方が命の危険を感じます。これまでにやばいのが2回あったので(笑)

ん?そろそろ花粉症の季節・・・K山さん、酷くなる事のないよう願っておきます。ではでは、馬券で快勝したら早い更新を私。期待薄だ・・・・(笑)


コメント(1) 

to me,to you 63 [Nil to Hero]

転職して勤務がはじまってから初の、そして2018年初の競馬撮影でした私。1月21日、中山競馬場にてAJC杯に行ってきましたのでその時の模様を。

2018-2-3-1.JPG

2レースの直前で中山競馬場に到着し、撮影場所を確保してからウィナーズサークルへ。上位人気のユタカに勝たれた訳ですが、20倍ついていた私の単勝馬券は2着で朝イチから壮絶に悶える(笑)サインを求める人が多くてウィナーズサークルは大混雑していましたが、なんとか写真らしい写真が撮れたので良しとします私。

2018-2-3-2.JPG

先と同じく、大混雑していた(勝ったユタカはこのあと8レースまで騎乗なしだったのでサインがもらえる率が高いと感じた人たちが大集結)割には良い感じに撮れているのではないでしょうかパート2。馬券で壮絶に悶えた後に勝ち馬を撮るのは後々撮った写真を見返すとダメージがジワリと来ます(笑)

2018-2-3-3.JPG

今年初の典弘参り。10か月ぶりの再会な訳ですが、毎度競馬場で誰かを見る度に思うのは、中継で毎週観ている訳なのでお久しぶり感は皆無(笑)

2018-2-3-4.JPG

この日はウィナーズサークルで待っていると私の馬券はことごとく外れる(笑)中々骨のある勝ち方をされたので写真に残しておく事に。後々「あ!あの時の!!」と思い出せるくらいの馬になってくれれば、この時の馬券の負けも報われるのでは(笑)

2018-2-3-5.JPG 2018-2-3-6.JPG

同じような場面をふたつ。ウィナーズサークルでの写真は似通る感が出るので、口取り以外の場面が獲れるとシャッターを切りたくなる私。

2018-2-3-7.JPG

展開を読み違えて壊滅的なまでに勝ち馬が撮れなかった時の(笑)

2018-2-3-8.JPG

関西からデビュー戦に中山マイル使いに来る意図がホントわかんねーと思ったら案の定負ける。ただ、この時のレース予想するもマジでわかんねーってなったので、結局この馬の単勝を100円1点勝負した私が一番訳がわかんねーと思った(笑)

2018-2-3-9.JPG

メインレースで有力馬のミッキースワローに乗る典弘。メイン前にも同馬主の馬に。結果は忘れたではなく、忘れたい(つまり勝っていないという事。笑)

2018-2-3-10.JPG

返し馬の直前、私の目の前で暴れて騎手が振り落とされる。下はコンクリート。痛い、絶対に痛い・・・再度乗っても暴れる。返し馬で本場場に出た後、もう一度騎手を振り落とす。間違いなく痛い。人馬ともに怪我がなくてよかった・・・

2018-2-3-11.JPG

逃げ馬を最後きっちり差し切った訳ですが、手前~真横で撮れたにも関わらず、やや追い気味に撮ったのは、この日撮ったレース写真の展開読みが散々な結果だったため(笑)結局この日撮った写真で勝ち馬が撮れたのはこの時だけ・・・

2018-2-3-12.JPG

前に行く馬が集結してハイペース必至だったので、後方追い込み組狙いで馬券買ったら、予想通り超ハイペース。なのに前が残る謎展開(笑)

2018-2-3-13.JPG

メインレースのAJC杯。この日撮影に来た最大の目的でもある、典弘騎乗のミッキースワローを。私の近くで子供が騒いでいて、ごらんの通りイレ込む。これは痛い・・・いや、マジで痛いっすよ。親が注意してもおさまらずで、子供に悪意もないのかもだが、痛い痛すぎる。そういう訳でこの時から嫌な予感がしていた訳ですよ。。。

2018-2-3-14.JPG

私の好きな馬、ゴールドアクター。昨年春のG1レースから典弘が騎乗していたものの、典弘がミッキースワローを選択したため、今回はユタカに。

2018-2-3-15.JPG

宝塚記念2着後に脚部不安発症からの復帰戦で、良い所なくレースを終えたのですが、好きな馬だけに観たい、もうひと花と思う反面、大怪我になる前に引退して種牡馬にしても良いのではと思う私も。こういうのは永遠の命題かも。

2018-2-3-16.JPG

うん、わかっていた。差し追い込み脚質で、自分でレースを作れないので展開に左右されて取りこぼす可能性を。セントライト記念が鮮やかすぎて満点の騎乗だけに、もう一度同じことをと言うのも酷な話であることも。

懸念していたスローとか縦長の展開になって、もう間違いなく届かないとわかりながらも勝ち馬を撮らずに典弘を撮る私。

結果、2着だった訳ですが、業を煮やして後方組では最初に動いて、長く脚を使い続けた強い競馬をしているので、実力の片鱗は随所に感じる事ができた。芝を跳ね上げる脚力の力強さがただただカッコ良かった。今後も展開待ちな面もあるが、力強く鮮やかに勝つ場面を予感させてくれるような走りをしてくれたと思う私。

2018-2-3-17.JPG

そういう訳で、今年最初の競馬写真はメインレースの勝ち馬撮れずで残念な撮影機会だったかもですが、撮りたい馬や人がいて、応援しに行って楽しむ事ができたのだから、また、転職してからはじめて写真撮りに行けた訳でもあるので、まずはこの場所に戻ってきた事、楽しめた事を素直に喜びましょうという事で私。

当初は年始の金杯に行く予定を(転職前の勤務直前で)AJC杯にスライドし(金杯行ってたら馬券も写真も散々でした。笑)転職してひと月。態勢は整った感はあるので、3月の中山開催でリベンジできたらと思いますよ私。

コメント(1) 

今年から転職しておりまして私。 [THAT'S LIFE]

今年から転職しておりまして私。

昨年は目の病気と転職活動で、満足な活動ができませんでしたが

転職先も決まり、年始から仕事をしていますので、昨年よりは活動的ではないかと。

2018-1-21-4.JPG

で、仕事が決まってから初となる(加えて今年初となる)競馬撮影にも本日行ってきた訳ですが、転職して以降、休日以外に時間が取れない状況になっているので、ブログ記事の作成や返信、写真のチェックや仕上げなど、ゆっくり進行になってしまいますのでご了承を。ちなみに転職最初のこの1枚、2着。世の中甘くないよ(笑)

そういう訳で、今年はアクティブに行けたらよいなという事で私。

コメント(0) 

to me,to you,62 [Nil to Hero]

目の病気も完治し、ようやく行ける態勢が整ったので念願の競馬撮影へ私。

2018-1-4-1.JPG

2017年の年始に急に目の病気を発症し、完治まで半年。その間に2回撮影を試みるも、楽しみ切る事はできなかった。秋シーズンも年内全休の予定でしたが、有馬記念後にもう1日G1レース開催される事に否定的な意見が集中している中で、その日に復帰したら何もかも反抗的ではないかと思った次第でこの日を選んだ私(笑)

で、毎回冒頭写真(日時がわかりそうなやつ)を撮る私ですが、朝イチで撮ったら影が・・・そういう訳で昼間に撮り直す。帰ってきたなと感じる瞬間(笑)

2018-1-4-2.JPG

この日最初に撮った写真。病気を挟んで9か月ぶりの撮影でもまずまずの仕上がり。どうやら私は錆びついてはいない模様。そう信じたい(笑)

2018-1-4-3.JPG

菜七子さんと9か月ぶりの再会。この間にJRAの女性騎手の年間勝利記録を更新し、随分と逞しくなりました。この日はヤングジョッキーズシリーズ(以降YJSと表記)の決勝戦も行われるので、そちらの方も期待してしまいます。

2018-1-4-4.JPG 2018-1-4-5.JPG

どちらが良いかと迷う時は両方載せる(笑)

2018-1-4-6.JPG

パドックからウィナーズサークル付近へ移動し、勝者を撮りたい、馬券を当てたいと思った時は、大体思うてたんと違う結果になる私(笑)病気明け9か月ぶり、万全な状態ではこの年初の撮影なので、今までの撮影構図の復習や確認がテーマかも。

2018-1-4-7.JPG

横断幕作った方へ。前田信者の私がこの日中山競馬場にいた幸運を誇るがよい!(笑)馬名見てもしやと思ったが、馬名の由来がまんま捕獲投げだ(しかも思っていたより人気あって、3番人気2着ではネタにしようもない。笑)が、しかし、これではバックドロップ・・・という私の心の叫び、競馬場の中では我慢した(笑)

2018-1-4-8.JPG

こういう写真を撮った時って、私馬券外しています(笑)大勢は決しているとわかっていても、もしやを期待しつつ馬券買っている馬を一応捉えようとして、ああやっぱりダメだと再度先頭の馬を撮りに行くパターンがこれ(笑)

2018-1-4-9.JPG

展開と馬の力を見誤った典型的なやつ(笑)楽勝するのを期待して撮りに行ったら、逃げて2着か3着だった時のやつ・・・こういう写真が続くとメインレースの写真きちんと撮れるのだろうかと不安な気持ちで一杯になります(笑)

2018-1-4-10.JPG

この日典弘は阪神で騎乗していて、撮影のモチベーションが低い中、なぜこの日中山へ向かったのかというと、息子の武史が(繰り上がりとはいえ)YJSの決勝戦へ駒を進めたから。最終戦まで(相手の着順次第とはいえ)優勝の可能性を残したこの時の激走(超人気薄で2着)に写真撮ってて楽しくなったし熱くなったね!

2018-1-4-11.JPG

勝てばYJS優勝の可能性もという事で、武史が最終戦に有力馬かつ一番人気の馬に乗れるという幸運に私のテンションも上がってきた!(笑)

普段撮らないような構図で画面一杯におさめてみた私(パドックのコーナー側で観ていて、私の前を通り終えた去り際をぎっちぎちに詰めた)

2018-1-4-12.JPG

フクノグリュックは典弘が乗っていた時に何度も観ていたので、中山向きではないよな~、距離ちょっと長いかもな~と思っていたので、過度な期待はできないよな~と思いつつも、胴長に撮ればステイヤー体型に見えて距離持つのではないかと錯覚したかったのですが、やはりダメでした・・・(笑)

2018-1-4-13.JPG

武史の何気ない仕草が典弘に似てきたなと感じるばかりの私。こういう場面にニヤリとするというかゾクッとする私がいますね。

2018-1-4-14.JPG

勝てばもしかしたらYJS優勝かもと思ったら、武史が急にカッコ良く見えてくる(笑)

まあここで勝ち切れなかった辺りが今後の課題という事で(繰り上がり進出だったこともあり)武史には来年リベンジしていただけたらと私。

しかしながらここを勝ってたら52点。優勝者と同じ点数だったのな!(笑)

2018-1-4-15.JPG

菜七子さんのYJS決勝戦は抽選馬に恵まれなかったかなという印象もあり、残念な結果も仕方ないかなと。応援はするものの過度な期待をするのは酷だと思って観ていた私。しかしながら力がなければ予選ラウンドで東日本1位通過はできなかったと思うので、来年以降『やっと勝つ事ができました!』という声が聞けたらなと願う私。

2018-1-4-16.JPG

この日のメインレースのホープフルステークス。今年からG1レースに昇格して注目度が上がるとか上がらないとか(私は多すぎなのでは?と思う派です)

タイムフライヤーはですねえ、強いと思ったのですが、極悪馬場の日に走ったのと、その後に1戦したのでダメージを懸念して切ったら勝たれた・・・

2018-1-4-17.JPG

中谷にはこれまで何度騙されただろうか・・・

が、陣営あげての『中谷に大きい所を獲らせたい』という気概は、昨今の(乗り替わり過多の)競馬事情を見ていたら好感が持てる。父ステイゴールド、母父キングマンボでここ走らずにどこ走るよと思っていたら、人気薄で3着激走。2着3着のワイド獲らせていただいた私。苦労人中谷が勝った時は皆祝福してくれると思う。

2018-1-4-18.JPG

ユタカ騎乗のジャンダルムが本命の私でした私。母ビリーヴで距離長いのでは?と第一印象でやはり思うも、将来的な距離適性や評価よりも、今好走するか、消耗が少ないか否かを重要視して本命に。我慢して距離持たせる巧い乗り方したと思ったが、タイムフライヤーが思ってたより強かったよ。。。

2018-1-4-19.JPG

目の病気から完治してからは初の撮影、病気以来9か月ぶりでも私は錆びついてはいなかったとこの写真撮って確信できました私。

目の病気の時に(視界が歪んで見えない中撮った)写真は写したものを信じて「写信」とするほかありませんでしたが、これが私の「写真」ですと自信を持って言えて、自信を持って世に放つ事ができるのが何より嬉しかったですね私。

1着2着3着が全馬構図におさまっているというのが何より美しい。私の写真なのに(笑)この地点以降がスタンドの影が覆う時間帯(冬の中山は影で残念な感じに)だっただけに、絶妙な撮影場所だったのではと改めて思いましたね私。

2018-1-4-20.JPG

最終レースが終わってからYJSの表彰式を観にパドックへ私。

すでに前列が埋まっているため後列のひな壇で。むしろ観やすかったかも(笑)

2018-1-4-21.JPG

菜七子さんがとても寒そうにしていたので、厳寒期の開催なら羽織るものの製作も必要ではなかろうかと思った私。ガチで寒がっている場面は割愛するとして、ステレオタイプに寒がる仕草がかわいらしく見える女性見たのはたぶん初(笑)

2018-1-4-22.JPG

集合写真を撮る時に、マー君の隣を譲り合う理事長と武史。武史、愛されキャラである(笑)来年は優勝して堂々と中央に君臨できる事を願って。

2018-1-4-23.JPG

最前列で観れなくてどうしようと思ったが、後方のひな壇で高さもあって集合写真を綺麗に撮る事に成功の私。パドックに内に取材の撮影記者が多数いたし、最前列だとレンズの画角もあって撮れなかったかもしれない。そういう意味では結果オーライという事で(画像小さくしたら誰かわからないという指摘は無しで。笑)

2018-1-4-24.JPG

時間軸は前後するが、上位者の表彰場面を。優勝するには1勝プラスアルファ、もしくは全4戦をまんべんなく好走するが必須だっただけに、実力のある馬に乗れた際にきちっと勝ち切る力を持っていた人が上位になった印象が。レース内の馬の力量差のばらつきなど課題は多く見えたが、企画は良いと思えたので是非恒例化を!

2018-1-4-25.JPG

うん、良かった。撮影を楽しむ事もできたし、競馬場での時間も楽しむ事もできた。目の病気のまま2017年の撮影を終えたくはなかったし、撮り終えた写真を見て、翌年に向けての反撃の狼煙をあげる事ができたのではないかなと思えました私。そういう訳で、これが私の写真なんだと胸を張って言える楽しい時間でありました私。

コメント(0) 

2018 FAKESTAR [THAT'S LIFE]

あけましておめでとうございます。

2018年、今年もよろしくお願いいたします。

2018-1-1-1.JPG

私が苦しい時に向かいあってくれた方々、支えてくれた方々、力をくれた方々へ。旧年中はお世話になりました。そんな皆様方へ、感謝の気持ちを持って、何かしらのカタチを届けたい、お返ししたい1年を過ごしていく所存でございます私。

いつもこの場所を訪れていただく皆様方へ。どうしてこんな場所へ、マジで?って思いもするのですが(笑)何かを通じてこの場所に辿りついた事や縁、頂いた言葉は確実に私の衝動を生み、新しい何かを創り出す力となっています。自分の為にやっている事だけど、私が創りあげた何か、発した何かに共感があるなら幸いです。

新年の挨拶ともいえる年始のトップ(1曲目、最初の記事)はFAKESTAR(黒夢)だろうよって事で。いや、もう訳がわかんねえよって感じで申し訳ありませんが、これが私流、Doubtsider流の1年のスタートって事で、いつも通りのスタートを私。

そんな訳で2018年、皆様方が健康と笑顔と幸せに溢れた日々になりますように。


コメント(1) 

また来年。 [THAT'S LIFE]

先日の競馬撮影の写真チェックも仕上げも終わらず、当然ながら記事が完成する事はなかったので、そちらの方はまた来年という事で今回が今年最後の記事に私。

2017-12-31-1.JPG

年始に目の病気になって以降、立て直すのに時間がかかり、全くと言っていいほど表立った活動はできなかったので、来年は鬱憤を晴らすような1年になれば良いなと思います(でもアクティブになる数が増えるとは言ってない。笑)

大晦日にベスト写真を選定するコーナーができるようにするのを最低限の目標に。

そういう訳でベストに動けたのが年末の競馬撮影1回だけだったので、来年は仕切り直しで色々と炸裂させてやろうと思っていますよ!

それでは皆様良いお年を。

コメント(0) 
前の10件 | -