So-net無料ブログ作成

next [THAT'S LIFE]

自分の中でなるべく使わないようにしている言葉があります私。使わないよう意識していてもついついその言葉が出てしまう時があります。良く使う何気ない言葉ですが重要な言葉。

「次」って言葉。

次と言っても言葉の使い方はいくつかあってその使い方で意味合いや捉え方が変わってくるので、何でもかんでも次と言う言葉を使いたくない訳ではないのですが、

「次は頑張ります」って言葉や思考は使わないよう心がけている私がいます。

2012-6-25-1.JPG

私が今年撮った写真、競馬場で撮った写真も含めて、それらの写真の中で私が1番良く撮れた、1番好きな写真と感じているものがこちら。撮影会で撮った写真の為、規約上公開できない写真となり、写真紙に印刷した物の一部をさらに撮る形になり、すべてお見せする事ができず申し訳ありませんが、こちらが私的には文句なしの今年の1番写真だったりします。

3年間同じ人を撮り続けて、良く撮れるようになるにはどうしたらイイ、こうしたらイイを積み重ねて、その「準備」を繰り返した後、納得がいく「結果」が得られました私。

幸いにも3年間撮り続ける事ができた時間、「次」の継続がありました。これはその集大成であったと思う部分もあり、一発勝負でこの結果を出せたかと問われたら出なかったかもです私。

私自身「次は頑張ります」って使わないよう心掛けている理由は・・・

結果が出なかった者に次の機会があるなんて思っていないから。次頑張ればいいって、次の舞台が当たり前のようにあるという考えが甘えなんじゃないかって思うからです。

私自身が治らない病気を抱えていたり、その影響で日常生活に支障が出る場面がいくつか出るため余計そう感じるのかもしれませんが、次は、ない。他人に比べたら圧倒的に。

結果を出す事で「次」の糸をたぐり寄せる事ができる私。たった1度の機会が相手から見ればすべての評価になる場合だってあるのですから、次、頑張る?次ってあるのか?気になって仕方がない私がいます。

2010-10-7-1.jpg 

昔、この場面の「次」を心待ちにしていた私がいた。次が当然のようにあると思っていた。

「次」は、なかった。次、カメラを構えた私の前を通るよりも先に彼の脚が粉々に砕けた。

私が感じる「次はない、いつだってこれが最後かもしれない」と思う根底はこの1件なのかも。

次、という言葉を使いたくない理由、次があると甘えてはいけない事。次はないと、その為に準備して結果を出す為に今頑張っているんじゃないのか私?と常に自分に言い聞かせる私。次があるってのはとってもありがたくて幸せな事。それを当たり前と感じる事なく、目の前の機会に全力で準備して臨みたいなと思いますね私。

2012-6-25-2.JPG

昔から撮りたくて仕方のない構図があって・・・・

と思っていたら東京シティ競馬と香里奈さんに先を越された。こういう構図のモデルさんになっていただける女性をマジで探していたのですが。。。

しかし、こんな素敵な方の比較対象がすでにあるので、めちゃくちゃハードルが上がる事必至ですけれども。この構図の香里奈さんに勝てる自信のある方がいたら、私は全力でこの構図を撮る準備をします(笑)(と、言うよりも10年以上前からこういう写真撮りたいと常々思っていた訳ですから、撮りたいイメージはいつだって準備万端な訳ですが。笑)


コメント(0) 

他人に無関心 [THAT'S LIFE]

自分にとって当たり前な出来事というのはいちいち意識する事なく淡々と遂行されていくものだという事を先日改めて感じました私。それを言われた所で改めて意識しました私。

 『アンタってホントに他人に無関心だね』

2012-6-23-1.JPG

確かに。。。正直他人に興味がないです。誰かと食事とか話をしたり、そういう機会もまず自分の事しか話しません。相手が話題を持ってない(持ってこない)場合はまず相手の事を聞く事もありません。興味があるのは相手自身ではなく相手が持っている事柄だったりするので、向かい合う相手とは自分の血肉にする栄養の一部くらいにしか思っていません私。

写真を撮る時も同じような感覚で、イイ写真撮れたなとか、モデルさん撮った時だったらイイ表情撮れたなって直感の後、次に来る意識は・・・・

こんなイイ写真撮れる私ってすごいな(笑)

それくらい他人に興味がありません。相手にふる話題も結局の所は面識を重ねる事によってできる感覚から良い写真撮れる確率が上がるだろうってのが根幹な位冷めてます。

CRAZEや典弘とか自分にとって神格化された物やヒーロー的な存在を除くと、替えのきかない人間というのが3人しかいません私。それ以外の人は全部私の用途に合わせて都度チョイスする兵隊にしか思っていません。用途が合わない場面なら交代するし、兵隊が傷つこうが倒れようが新しいのでうめ合わせれば良いや位にしか思っていません。

だからイイ写真撮れない原因が明らかに私にない場合は、今の兵隊を諦めて次の兵隊を投入する事に何の抵抗もなかったりします。冷たいヤツだなってよー言われますけれども。

その時向かい合う人間はその時の私の用途にあった兵隊で、私がその時のベストの陣形を組むための駒のひとつでしかないって、当たり前すぎて今更意識もしてなかった訳ですが・・・

私は他人に無関心、否定するというよりはむしろ絶賛肯定中って感じです(笑)

それにしても冒頭の画像、普通においしいチョコケーキだったりした訳ですが、何をもってコアラのマーチなのか、全く持って納得がいかない感がある(笑)


コメント(0) 

久しぶりにゲームで遊んでた訳ですが・・・ [THAT'S LIFE]

5月下旬から久しぶりにPS3のゲームで遊んでました私。

2012-6-17-1.jpg 

日本式オブリビオンみたいなゲーム出てくれないかな~なんて漠然と思っていたら出ました。買わずにはいられませんでした。ドラゴンズドグマってゲームで遊んでいます私。

今回の記事の画像はゲーム内でタイムかけた時にその時の模様を画像ファイルに残す事ができてその時の画像を使います私。それにしてもゲームやるの久しぶりです。

2012-6-17-2.jpg 

私が操作してる主人公。顔や髪形、性別や身長体重などの外見を色々設定して、主人公を作ってゲームを進める訳ですが、こういう外見作成形式のゲーム、人によっては本編よりも、キャラクター作成にはまってしまって本編をはじめられないなんて事も。私のその一人です(笑)装備品を変えると外見が変わるので能力度外視で見た目で装備選ぶ事も多いです(笑)

2012-6-17-3.jpg

ゲーム内では主人公の他に相棒と言われる「ポーン」(チェスの駒、兵士みたいな意味)を連れてゲームが展開していくのですが、こちらのポーンも主人公と同様に色々外見を設定して作る訳。すなわち2人分のキャラクター作成を行う訳ですが・・・

やはりキャラクター作成に凝りだしたら本編を進める事ができないと(笑)

で、相棒、男二人でむさ苦しいのもどうかと思い相棒は女性キャラに。色々いじってたらりかりか(今井りかさん)みたいな感じになりました(笑)

2012-6-17-4.jpg 

理髪店とかあって途中で髪型を変える事ができて、りかりか風じゃなくなりました(笑)こちらの相棒、オンラインに繋ぐと他のユーザーが作成した相棒を自分の世界に雇い入れる事ができて最大4人パーティーで物語を進められる事も。私の相棒も他のユーザーに雇われた模様。他のユーザーの世界で積んだ経験が戻ってきた時に反映されるってのは驚きました私。

2012-6-17-5.jpg 

自分よりも大きな敵が出てきた時には相手の体をよじ登って頭を攻撃とか(笑)

2012-6-17-6.jpg 

小型の竜(と言っても主人公より全然でかい)ドレイクにとどめを刺す主人公。森の中の戦闘で影ができるせいでちょっと暗い。視点の関係とかで画像撮るの激ムズです。

2012-6-17-7.jpg 

もうちょっとでクリアって所まで来たみたいです私。1度クリアすると装備やレベル、所持品とか引き継げるようなので、あえてクリアせずに残したクエストも含めてもう1回遊ぶつもりです私。先程物語の核となるドラゴンを撃破したのですが死闘だったぜ私。。。

と、久しぶりにゲームで遊んでいた私ですが、めまいの病気を持つ私、こういった3D系の回転の動きがあるゲームは私の病気に物凄く相性が悪いみたいで、遊んだ初日に物凄く気分が悪くなりました私。頭痛、吐き気ならまだしもおなかまで痛くなった(笑)ゲーム開始から3週間、だいぶ慣れてきましたが、それでも長い事遊べません。

面白いゲームではありますが、それよりも最高に謎なのはこのゲームのテーマ曲がB'zのさまよえる青い弾丸、しかも英語バージョン。これだけが最高に謎(笑)


コメント(0) 

CALLING 20 [CALLING]

やはり自分のブログの記事にコメントが届くと嬉しいです私。文章が長いとか使っている労力が大きいだけに何かしらの反応があると報われたような感じがします。

画像なしの文章だけで想像して読むのはキツイと言われればその日関連性のありそうな場面を写真に押さえておいたり、地味~に届く意見を参考にしていたりします(笑)

2012-6-7-1.JPG 

複数回撮る事になるモデルさんには次回お会いした時に撮った写真をまとめてお渡ししている事にしています私。撮影会の規約上お見せする事ができないので画像処理した上での公開で申し訳ありませんが、こんな感じに50~80枚くらいのアルバムに入れてお渡ししますね。こんな私が撮った写真でも楽しみと言って下さる方がいてとても励みになります。

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●りのさん

どうも、中西です!(笑)(注:撮影会の時に中西さんと間違えられたので、つかみの挨拶になった感が。笑) 改めまして撮影会お疲れ様でした!

こちらでははじめまして!コメントまで加えていただき、どうもありがとうございました。たっぷり書いていただいてと言われておりますが、まだまだ少ない方です(笑)りのさんと顔を会わせる回数が増えれば記事の文章の量が無駄に長くなると思います。そのうち、もうちょっと簡潔にまとめられないのでしょうか?って感じるようになりますよきっと(笑)

りのさんが楽しみにされている写真なのですが先の画像で紹介したような感じ・・・・って、画像処理もしてありますから伝わりにくいですね。でも、今年撮った写真の中で1、2を争うほどの出来になっていますのでまあとにかく楽しみにしていて下さいませ。

2010-4-1-4.jpg

お褒めのお言葉をいただいた白のライダースは5月が限界ですね。これを夏に着ようとするのはかなりの荒行というか拷問ですね。でも一応春夏ものだったりします。

2010-2-6-1.jpg

Gジャンタイプの赤レザーも持っていたりしますので冬場にお会いした時に着て行きましょうかね。で、意外や意外、黒レザーのライダースは持ってなかったりします(笑)

お互いに次回の撮影会で再会できる時まで体調に気を付けて元気に再会できればと思います。誕生日も迎えた事ですし、良い一年になる事を願っていますよ!

●ヒロシくん

長澤さんの撮影会、お疲れ様でした!確かに長澤さんの撮影会は和やかな感じになりますね。長澤さんの人柄やサービス精神(?)の賜物だと思います。

ガンダムカフェはショップの中は入った事あります。色々あってビックリでした。ビームサーベルの傘とか(笑)カフェの方は隣のAKBの方もそうでしたけど並んでいて入るのに時間かかる感じだったので未だに使った事がありません。ひとりで行ったら負けなような気もするので、ガンダムかAKB好きの女性でもいれば一緒に入れるかなと思ったりもしますが・・・

肝心の私はガンダムもAKBにも大して知らないと(笑)AKBの方々を競馬の競走馬に例えてくれたら理解できるかもしれないと思う私がいます(笑)

AKBの方には握手会の女王という方がいらっしゃるそうですが、長澤さんのサイン会での対応も女王を通り超えて女神ではなかろうかと思う私がいますね(笑)加えて言っておくと今回コメントを寄せていただいたりのさんも人当たりが良くて、ほんわかした雰囲気でお会いすると非常に好感が持てる感じな方です・・・・と、持ち上げて記事を終えます私(笑)


コメント(0) 

LOVE ANYMORE 15 [Love any more]

6月3日、3か月ぶりの再会となったこの日の素敵なモデルさんはこちら↓

2012-6-4-1.jpg 

注:今回の記事で長澤さんが写っている写真は、長澤さんが撮影会前後にご自身のブログにて使用された画像を長澤さんの許可をいただいた上で掲載しております。こちらで掲載するにあたり、写真にDoubtsiderのロゴを貼って使わせていただく事にしております。この場をお借りいたしまして長澤さんへ、ブログ画像を使わせていただき誠に感謝しております。

~LOVE ANYMORE 15~

6月3日、かれこれ3年以上も撮らせていただいている長澤さんの撮影会に参加した私。長澤さんと3か月ぶりの再会、そしてカメラが新しくなってからの長澤さんをはじめて撮る機会という事でとてもテンションの高い私がいた。とにかくスタジオがある街の最寄り駅にて下車してスタジオまで突き進みます私。

2012-6-4-2.JPG 

こちらのお店がある場所の駅に下車した私ですが、今日の目的地はここではなく、とにかく進みます私。ちなみに↑のお店に入った事はまだ一度もありません(笑)

2012-6-4-3.JPG 

で、当然のように私が向かう先はこちらでもなく(笑)この付近に撮影会が行われるスタジオがあるので寄り道する事なく進みます私・・・・・・いや、こういう写真撮ってるのは十分寄り道ではなくて?という意見はこの際一切受け付けません(笑)と、まあこんな感じに秋葉原駅から徒歩数分で撮影会が行われるスタジオに到着しました私。

(注:撮影会の規約上、撮った写真を公開する事はできませんのでご想像でお楽しみを)

長澤さんとは3か月ぶりの再会な訳ですが、再会の挨拶はいつでも「ただいま!」『お帰りなさい!』3か月間隔があくとこの挨拶もしっくり来ますね(笑)

本日も4つ衣装の長澤さんを撮ります私。では、行ってみようか・・・・

『実は、過去最高に太ってしまいました。。。』とは先日ブログで言われた長澤さんのお言葉。

・・・・・・確かに(笑)

いや、3年以上同じ人を撮って、写真の整理や編集の時間も加えると長澤さんと向かい合った時間はそりゃあ膨大な物です。長澤さんが以前より痩せたか太ったかなんて直に見たらまあわかります私。この3年で飛躍的に上がった私の撮影技術と新調したカメラの強大なマシンパワーで、太く見えないように長澤さんを撮るのが愛情ってもんだぜと思っていたら・・・

その許容範囲を軽く飛び越えていました(笑)頑張れ私!って言い聞かせる事にします(笑)

この日最初の衣装は長澤さんの私服でした。説明が難しい服ですこれが。首元には水色の襟、そこから肩口の辺りまでは白の水玉模様の透け感のあってそれより下は無地の白のお洋服。下は白黒のチェック模様のショートパンツでした。

「今日はショートパンツなんですか?」と私。珍しいなあと思ったので。

『はい。あ、でも今日はこの中ノーパンなんですよ。ふふ♪』と長澤さん。

何食わぬ顔して爆弾を仕掛ける長澤さん(当然ノーパンではありません)ですが、3年も撮っていたらこの方の取扱説明書は結構読んだ感はあるので、こういう爆弾は笑ってやり過ごします私(笑)この日の朝、撮影会のためにメイクさんに髪の毛の編みこみを依頼した長澤さん。撮影会への気合いが感じられます。その気合いに応える為に頑張って撮る私。

2つ目の衣装は以前も登場したスクール水着。胸がですねえ、はち切れんばかりというか、もうはち切れてる、収まりがつかず胸が何とか水着に入ってる状況。こんなスクール水着姿が見られるのは長澤さんだけですね(笑)と、まあ胸にばかり目が行くのですが、実は長澤さんのヒップラインがとても美しくて、一度見ると他の女性のヒップが物足りなく見えます(笑)

2012-6-4-4.JPG

ふた衣装撮った所でお昼休憩です。いつも秋葉原で撮影会がある時の私の昼食はミスドです。いつもこちらのブログを熱心に見ている方は気付くかもしれません。

ドーナツの数が1個足りません(笑)

実は私も長澤さんの事をダイエットしろなんて言う前に太ってしまいました(笑)これ以上太ったらやばいゾーンまで到達したのでそろそろ対策を講じます私。 第2段階はドリンクを抜いて水に。一気にやるとストレスがたまるのでこういうのは段階を踏んだ方が良いと思うのは体験談です。そんな訳で長澤さんと一緒にダイエット頑張らなければなりません私(笑)

それでは後半戦を。3つ目の衣装は冒頭にて使わせていただいた画像の衣装、白のチェックを交えたAKB風の衣装でした。胸元のボタンが締まらないのはいつもの事です(笑)スタジオまでの道中の写真を撮ってた私ですが、こんな衣装で長澤さんが登場したのは全くの偶然です(笑)それにしてもこういう衣装は長澤さんに似合います。撮る私もテンションが高いです。

スタジオ内にマイクがありまして、AKB風な格好ですし、歌ってる感じで撮ってみましょうかと思い長澤さんにお願いしたら、AKBの歌を口ずさみながらポーズを取り・・・

『会いたかった~、会いたかった~、会いたかった~Yes!』

このフレーズ2回歌った後に長澤さんが(君に~の所を)

『nakayasuさんに~』って歌いまして。まあ驚きました私(笑)驚きの後に多少の恥ずかしさもありつつも、不覚にも長澤さんが歌ったそのフレーズに嬉しさを感じました私(笑)

この日最後の衣装は黒の超ミニの黒と白で切り返したブラ的な水着っぽくも見える何とも説明の難しい衣装でした。最後の衣装の時にはいつも撮る「バイバイ」のポーズを撮ってこの日も楽しく撮影会が終わりました。新しいカメラで長澤さんを撮った1日、色々試したり以前より撮るポーズ変えたり増やしてみたり、私の中では「次」を意識して過ごした1日に。

ひとまずは・・・・

長澤さん、新しいカメラで長澤さんを撮った1日、とっても楽しい時間になりました。次の撮影会はですねぇ、次までにダイエット頑張りますか(笑)

まあ、お互いに頑張らなければという話ですが(笑)

~おまけ~

2012-6-4-6.jpg 

こちらは長澤さんの飼い犬のバニラくん、オスです。3月の撮影会の時に長澤さんへ贈った品をバニラくんが身に着けた画像、先日ご自身のブログにて公開していただけました。こちらの画像も長澤さんの承諾を得て画像をお借りしてこちらで掲載する運びとなった訳ですが、首輪の方も何とかサイズが合って安心しました。長澤さんとバニラくん、お二方に感謝です!

また再会するその日まで、バイバイ!また再会した日はただいま!お帰りなさい!の挨拶で。いつまでもこんな時間が続けばいいのにって思う感情が持てる事、幸せな事だと思います私。

(最後に、ご自身のブログで使用した画像の掲載許可をいただきました長澤さんに改めて感謝の気持ちを伝えて今回の記事を締めさせていただきます)


コメント(1) 

鼓動 [THAT'S LIFE]

私にとって原点の人。生まれてはじめて買ったCDで歌ってたSingerが木村直樹さん。彼が今組んでいるバンドのCDを最近買いました私。

2012-6-2-1.jpg 

THE LOVEROCK VIOLENT の2枚目のCDの鼓動。オフィシャルのライヴ映像を動画サイトで見る事ができて発売前から楽曲は聴く事ができたのですが、音源化されて一本芯が通った形になった仕上がりに好感触でした私。ライヴを重ねてバンドとこの歌が成熟した所でレコーディングした所にこの曲がバンドにとって重要な曲なんだなって感じる私がいました。

前回の作品がライヴ参加者に配布されたデモCD(が好評だったので、音の微調整や歌詞の表記など加え後に発売)今回は最初から発売を意識して作られた物なので、音の質や仕上がりが全然違うし、何よりNAOKIさんらしさ全開の歌にバンドサウンドって所がスカッとしますね。こういうのを待っていたんだ!って思ってしまいましたよ私。

2012-6-2-2.jpg 

予約開始の初日に予約した人限定でメンバー全員のサインが入った写真が特典となっていました。いや~、これは地味に嬉しい。大事にさせていただきます。

今回のCDに入っていた3曲はどれもライヴでの勢いを感じさせる3曲、前回の3曲と加えLOVEROCKにもバンドとしての幅を感じさせる(楽曲の)陣容となってきたし、今度は10曲入りのアルバムで聴きたい・・・と言うのはわがままな願いだろうか??とにかく、生まれて初めて買ったCDで歌ってた人の今の歌を聴けるというのはとても幸せな事だと思います私。


コメント(0)