So-net無料ブログ作成
検索選択

Seventh Heaven 5 [Love any more]

まず最初に、今回の記事を制作するにあたり掲載した写真作品は、ミントフレーバー撮影会規約に則り、ミントフレーバー撮影会様の許可を得た上で掲載しております。本記事内の画像の保存、加工、2次利用等は、被写体である七菜乃さんを除き、どうかご遠慮いただくようお願いいたします。大変恐縮ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

2013-8-13-1.jpg

8月4日、いつも撮らせていただいてる七菜乃さんの撮影会に参加してきました私。前回の撮影から1か月ちょっとという私的には撮影感覚が鈍くならない、ベストな間隔での撮影機会となりました。 まずはこの日の撮影衣装が決まったいきさつについてお話を。

私がナナさんを撮影する際は、ほぼナナさんの私服姿での撮影としているのですが、ナナさんが自身のブログやツイッターなどで公開していた私服姿を参考にしたりして「あの時公開していた、あの服装で」みたいな連絡をして、撮影会の日を迎えていたのですが、今回も今までと同様に私服なのですが、服装を決める際のやり取りで印象的な出来事がありまして私。

前回の(半年ぶりでもあった)撮影会に参加する際にweb上で交わした会話なのですが(ナナさんの撮影会は先着順で中々予約が取れないので)

「縁があれば(無事に予約が取れて撮影会に参加できれば)よろしくお願いいたします」と伝えた私だったのですが、web上での文字のやり取り、ちょっとした解釈違いがありまして・・・

『スタジオに緑があるかわかりませんが、よろしくお願いいたします!』と、ナナさん。

はい。私の方も「ご縁があれば」と書けばよかったのですが、縁(えん)を緑(みどり)と勘違いした会話となってしまったのです(笑)先日、そのようなやり取りがあったので、「じゃあ、仮にスタジオに緑(みどり)がなければ、我々で持っていけば良いじゃないか!」と、ナナさんが大好きな色でもある緑色のお洋服姿で撮ります!という事で、こんな感じで衣装が決定(笑)

2013-8-13-2.jpg

そんな訳で、今回の撮影衣装、緑色の私服姿なナナさんです。スタジオの白い壁に服の緑色が映えます。前回の黒白の服も白い壁との相性が良かったのですが、今回の緑色、決めた際のいきさつはさておき(笑)より鮮やかに、より華やかに感じます。私自身もこのようなエメラルドグリーンな緑色は大好きなので、テンション高く、楽しく撮る事ができました。

2013-8-13-6re-b.jpg

スタジオ内ですが、ナナさんの私物のお帽子をかぶっていただいて撮影。帽子のあるなしで印象が大きく変わります。ナナさんを何度も撮影させていただいていますが、「かわいく」とか「美しく」とか「清楚に」とか、その時々で受ける印象がガラリと変わり、会うたびに、撮るたびに見せるナナさんの新たな一面に、その変化に感激したり、時にはドキッとしたり。

タイツが洋服と同色ってのが良いですし、やっぱり帽子を用意していただいたのは正解でしたっ!夏の装い感が出て、爽やかな服装にナナさんの透明感が好相性っ!あとはナナさん自身が持っている少女志向(思考、嗜好とも)がスパイスになって全体的にかわいらしい雰囲気に。ここまでお膳立てされてれば、私はただ撮れば良いだけです(笑) 

2013-8-13-7.jpg

この日撮った写真で私が一番好きなのは実はこの写真です。ものすごい意外に思われるかもしれませんが、これが一番好きです。ただ立つだけ、って写真がどれだけ難しいか、どれだけイメージ通りにいかないものなのか、シンプルな物こそが最強で究極と思っている私には、ただ立つだけの構図で自分の想い通りに描ききれた時こそが最高の喜びですね。

2013-8-13-8.jpg

こちらの写真はナナさんのお気に入りな1枚です。ベッドの上にてナナさんの好きな感じで、と言う流れで撮影したのですが、スカートを広げて人形的な雰囲気にした所がナナさんのこだわりな模様です(笑)ナナさんを撮る時には、HUMAN DOLL と言う言葉が私の中で裏テーマとしてあります。人形のように撮るという楽しみ方はナナさんの時ならでの感覚です。 

2013-8-13-9.jpg

スタジオ内のテーブルスペースにて。後ろが台所な光景ですが、照明も何も気にしないでパチリ。これは色合いがどうこうではなくて、この距離感にて、ナナさんのかわいらしさが伝わればイイの(笑)この構図だとお洋服がエプロンみたいに見えて不思議な感覚。構図的にもう少し引きでテーブルの余白を入れるのが正解でしょうが、今回はかわいければオッケーで(笑) 

2013-8-13-10.jpg

ミントフレーバー撮影会の規約的には下着姿の写真の公開は難しいのですが、ナナさんご本人がかなり気に入っている写真との事で掲載の許可をいただきました。 透け感を活かした構図と言うのは大好きで、スタジオ内で使えるものがあるなら使ってしまいます私。美しく流れるラインを透かして見せる雰囲気、イメージ以上に良く仕上がり大満足な私です。

2013-8-13-11.jpg 

他の方はどうかわかりません。あくまで私の感覚なのですが、被写体が誰でも良いと言う訳ではありません。今、色々な縁(えん)があってナナさんと向かいあっている訳ですが、その積み重ねから生まれるもの、私のやりたい事や想いの意思疎通、ひとりで創りあげる事ができないものだからこそ、誰でも良いなんて言えません。やはり、特別な時間なのです。

Seventh Heaven ひとりだけでは創れないものだからこそ、今も続くその縁に、その特別な時間に、感謝と想いをのせて。

最後に、今回の記事を掲載するにあたり、撮影写真の公開を快く承諾して下さった七菜乃さんとミントフレーバー撮影会に感謝の気持ちを添えて、この記事を締めさせていただきます。


コメント(0) 

CALLING 43 [CALLING]

現在、収入のない身としては、何か作品を発表したり、この場所で報告できたりする日常なども当然ない訳で、近況を何かと言われても求人募集に5社6社落ちました程度しか言えないので、私が何かをやる事を楽しみに待っている方がいても中々その期待に応える事ができない現状に申し訳なく思ったりもしますが、事態が好転するまでお待ちいただければ・・・

2013-8-10-1.jpg 

そんな中、最近体重落とし中の私であったりするのですが、冷房のない室温37℃の部屋での生活に危うく救急搬送になりかねない状況だったので、サーティーワンへ。いや、一応体重は順調に落ちています。いえ、実は二日続けて食べてしまった私です(笑)

報告できる近況がこれくらいしかなくて申し訳ありません(笑) 

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●はいちゃん

う~~ん、他の方のやり方やスタイルは知りませんけれども、私ひとりの力で作品が生まれる、創れるものではないので、向かいあえる喜びや感謝を形にしているだけです、と言うのが質問の答えで良いですか?(笑)撮った写真をお渡ししていたり、回数を重ねていたりで、私のやりたい事とかが相手に伝わりやすくなっているという側面もあるかもです。

●K山さん

web上で会話をしていたりして半年の時間を感じさせないという感覚はありましたが、半年ぶりのモデルさん撮影、撮っていて半年のブランクをさすがに感じました。結果、イイ写真が撮れているんだけれども、撮っている自分自身だけがモヤっとしている変な感覚。ひと月から2か月に1回くらいの間隔が1番感覚的に良いかも知れないと感じている私です。

いや、他のモデルさんがどうと言う訳ではなくて、長澤さんは事実、サービス精神が旺盛すぎます(笑)だから、長澤さんでの撮影に慣れてしまうと、もしかしたら物足りなく感じてしまうかもしれないかな?と第3者的に感じている私もいます(他の方の撮影会の楽しみ方の基準は人それぞれで、そこら辺はわからなかったりしますが)

モデルさんの体型や性格、撮影会を重ねている回数もそれぞれ違うので、その人にはまる構図やポーズ、状況も変わってきますので、皆同じ撮り方や楽しみ方、満足ができるかと言えば、やっぱりできないんじゃないかなあと思う私がいます。

まあとにかく、長澤さんと結婚式だ新婚旅行だ何だの言ってる輩に真面目に答える必要があるのかと考えたりもする私であったりもしますが、そんな輩が他の方に浮気(?)へ行って同じように楽しめるか言われたら、まあ無理でしょう(笑)でも、嫌いではないですよ。いわゆる「誰でも大好き」みたいな感覚よりは。楽しみ方は人それぞれではありますけれども。

ああ、また皆で打ち上げみたいな機会があったらよいですね!もし、その場に長澤さんがいるなんて事態になりましたら、長澤さんと皆の安全を考え、K山さんの席は長澤さんから一番離れた席にします・・・・異論はないですよね?ね?(笑)

●ヒロシくん

ああ~、そうなんですかぁ。実際長澤さんだから名古屋までって感覚でしたので、どこで、と言うより誰が(そこの撮影会に)出るのかの方が重要だったりもするので・・・・ただ、選択肢が減るのは痛いかもですね。ただ、撮りたい誰かが出るのが重要と言っても、撮影会によってスタジオの設備や状況がピンキリというのは、色々と勉強させてもらいましたね(笑)

2013-8-10-2.jpg 

報告する近況はない、と言いつつも実は先日撮影会へ行ってきました。掲載許可をいただければその時の模様を記事として公開できるのですが、気長にお待ちを・・・写真は撮影会直前にドトールにて昼食な1枚。収入のない身でLサイズのドリンクとは中々強気だ私。え?言うべき所はそっちなの?って、言われなくてもそんな事、私が一番わかっております(笑)


コメント(3)