So-net無料ブログ作成
検索選択

Seventh Heaven 12 [Love any more]

まず最初に、今回の記事を制作するにあたり掲載した写真作品は、ミントフレーバー撮影会規約に則り、ミントフレーバー撮影会様の許可を得た上で掲載しております。本記事内の画像の保存、加工、2次利用等は、被写体である七菜乃さんを除き、どうかご遠慮いただくようお願いいたします。大変恐縮ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

2014-7-7-1.jpg

6月21日、いつも撮らせていただいている七菜乃さんの撮影会に参加させていただきました。私的には3か月ぶりの七菜乃さんとの撮影機会だった訳ですが、昨年9月から撮影会と画像仕上げのサイクルを繰り返し、次にやりたい事や反省点を明確にできないまま臨んだ半年間でもあり、ひとまず今まで撮った作品を全部仕上げてから「次」へ向かいたかった私。

2014-5-24-1.JPG

昨年9月から撮影と並行して行っていた画像処理を全部終わらせるのに8か月(今年の1~3月撮影分だけでも仕上げに5か月かかり、この日ようやく完成写真をお渡しできる事に!)これまでの作品と向かいあい、反省点や新しい事に挑戦したい事を洗い出す期間と、撮影だけに集中できる余裕を持って七菜乃さんと再会。そんな「次」がやってきました私。

冒頭のお写真はそんな3か月ぶりのナナさんとの撮影会での最初の1枚。4月のフェチフェスでお会いしていたり、ツイッター等で毎日近況を覗いているのでお久しぶり感は全くないのですが(笑)今年に入ってから髪をのばしているナナさん。3月の撮影時から前髪はさらに長くなり、いつにも増して美人系な装いです。が、この写真だけかわいい系で撮った私です(笑)

2014-7-7-2.jpg

2月と3月の撮影では、立ちポーズ以外での全身や服装の見せ方(魅せ方)を模索した私ですが、今回やってみたかった事のひとつが「自分の中での新しい立ちポーズ探し」1枚目の写真と同じ場所、階段側の壁に手をかけ、今までの私にはなかった感じのポーズに仕上がって、同じ立ちポーズでも1枚目の写真とは印象がガラッと変わったのでは?と感じる私です。

2014-7-7-3.jpg

この日撮った写真(公開許可を頂いてこの場で公開している写真)なら、こちらの写真が一番好きな私です。撮る度に自らに進化と深化を求める私なのですが、今までの蓄積やこれまでの反省点を活かした深化の部分が出ているのではないかとこの写真から感じる私です。狙い通りでありながら狙わずに、ごくごく自然にこの画が生まれた事が私は嬉しいですね。

2014-7-7-4.jpg

公開許可を頂いた画像だけを見る限りでは伝わらない部分なのですが、この日は今までの反省点を意識して、新しい事にも挑戦したり、進化と深化に挑戦し続けた私。髪の乱れに気をつけよう、背中を綺麗に見せよう、今まで試していない構図を、とか、同じ構図もさらに説得力を持てるように、とか、この場に出ない画像の数々にはそんな挑戦の跡が私。

撮影したその時々では満足しているのですが、やっぱりここを良くすればもっと良くなるとか、時間なくてできなかったけど次は新しいポーズを・・・とか。新しい事に着手すると、時には「うまくいってない感」がストレスとして襲いかかる時もありますが、そういった部分を含めての挑戦であったり楽しさを感じる部分でもあり、大切にしていきたい感覚でもあります私。

2014-1-3-1.jpg

昨年9月から画像処理が8か月続き、全部終わって自らに課した「次」への課題や渇望。顔の向きが偏らないように、偶然ではなく当然を撮れるようにしよう、七菜乃さんの体のラインを上手く伝えられるようにしようとか、先にも挙げた事だけじゃなく、自分の中で沢山出てくる課題や渇望、少しずつクリアできてる事が嬉しく感じた1日になりました。

とは言いつつも、クリアーできた事以上に新しく生まれた課題や反省点とさらに追及すべき事、新しく持って帰って来る事になるのです(笑)だからこそ、これからも進化と深化に挑めるのではないのかなと思うのです私。そういう意味では、私の写真って過去に遡って時系列を見比べるのが一番興味深い見方なのかなって思います。

2014-7-7-5.jpg

Seventh Heaven これは誰でも良いって訳ではなく、七菜乃さんと向かいあえるからこそ生まれる課題や渇望や挑戦であったりします私。七菜乃さんは撮影会の時間を『特別な時間』と言います。その想いを七菜乃さんから強く感じるからこそ、私も進化と深化を。感謝のカタチは良い写真を積み重ねて、想いのアンサーを、感謝を届けたい私です。

ひとりだけでは創りあげる事ができないからこそ、これからも、山ほどの反省材料と次への挑戦と渇望、進化と深化を持って、『特別な時間』を重ね、大切に紡いでいきたいですね。

最後に、今回の記事を掲載するにあたり、撮影写真の公開を快く承諾して下さった七菜乃さんとミントフレーバー撮影会様に感謝の気持ちを添えて、この記事を締めさせていただきます。


コメント(0)