So-net無料ブログ作成
検索選択

Seventh Heaven 14 [Love any more]

まず最初に、今回の記事を制作するにあたり掲載した写真作品は、ミントフレーバー撮影会規約に則り、ミントフレーバー撮影会様の許可を得た上で掲載しております。本記事内の画像の保存、加工、2次利用等は、被写体である七菜乃さんを除き、どうかご遠慮いただくようお願いいたします。大変恐縮ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

2014-8-21-1.jpg

8月3日、いつも撮らせていただいている七菜乃さんの撮影会に参加させていただきました。以前、七菜乃さんの方から『まだ撮影会で行った事ないスタジオ、おススメの場所はありますか?』という呼びかけがありまして、私も行った事ない場所、それでいて撮りたいなぁと思った場所があったのでお言葉を送ったら、今回、そのスタジオにて撮影会が開催される事に!

色々な縁やタイミングで撮影スタジオが決まった事だと思いますが、ずっと撮りたかった場所で、いつも撮らせていただいている七菜乃さんと。これはやはり気合いが入りますっ!

冒頭の写真は今回撮影した時間の中のキーヴィジュアルとも言えるような1枚で、先月よりも夏らしさを感じるような服装で、先月とはまた違った「かわいい」が出せればよいなと臨んだ1日。ごくごく一部ですがそんな雰囲気が伝われば良いかなと思います私。

2014-8-21-2.jpg

今回撮影会が開催されたスタジオは「バービールーム」さんで、前回の「スタジオバービー」さんや過去にもお邪魔した「バービーハウス」さんと同じ系列のスタジオです。事前のチェックで撮影できる部屋が3つもあったり、広々と使える撮影スペースにワクワクして、改めて伺うとイメージ以上の好印象な場所っ!撮影場所の多彩さが売りのひとつかなと感じていました。

ベッドルームとソファのある部屋にて、ベッドの上で1枚撮ったのですが、構図一杯に動きを感じさせるような1枚に。このナナさんの服装は、以前ナナさんがツイッターにて公開していた私服がイイ感じだったので、その時の服装で、と、持ち込み荷物の無理のない範囲で可能であればと、リクエストさせていただきました。

グレーの上着を着ると美人系な装いに。上着を脱いでピンク系のお洋服(実はツーピース)だけになるとかわいらしさが出て、ひと衣装でも2パターンの趣の変わる撮影時間に。

2014-8-21-3.jpg

先程の写真と同じベッドの上でポーズを変えて1枚。思い切って引きの画や構図にして全体を見せたい私もいるのですが、自分の中で引きの意図を感じさせるようなイメージが瞬時に出てこなかったりして、いつも近い感じで撮らせていただいてます私。過去にもベッドのある場所で撮影を行いましたが、こんな感じの構図ははじめてかも知れません私。

2014-8-21-4.jpg

ベッドがある部屋には小さなソファがあって、そちらでも1枚。窮屈な感じに全身を入れた構図にするっていうのが、私の中でブームだったりするのでこんな雰囲気に。白基調のお部屋にラベンダーカラーのカーテンやソファっていう組み合わせが私的には好印象でしたよ。

2014-8-21-5.jpg

別のお部屋に移動しての1枚。こちらのお部屋は(私が参加した時間帯が真昼という事もあり)自然光の入りがとても素晴らしかったですっ!

私もお気に入りの1枚なのですが、こちらはナナさんが特に好きな1枚らしく、そんなナナさんのご期待を上回れるようにと、夏らしさを感じさせる仕上げ方に。窓際の清涼感あふれる青と髪留めのグリーンの雰囲気がとてもミントフレーバーです(笑)

具体的にどんなイメージかというと・・・

2014-8-21-a.JPG

こんな感じや・・・

2014-8-21-b.JPG

こんな感じです(伝われば幸いです。笑)

2014-8-21-6.jpg

この日撮った写真で私が一番好きな写真かも知れません。私にとって究極の癒しのカタチかもしれません。ずっと見ている事ができるくらいの癒しに惹きこまれます私。パソコンの壁紙に設定した日には他のソフト開くの拒否したくなるほど、ずっと見ていたい1枚です(笑)

でも、男性好みの写真なのかな?と思う私が。私と同世代、もう少し上のおじさまとか、安らぎが欲しい人により響く、共感される写真かも知れません。かわいいとか、綺麗とか、美しいとか、人それぞれ、性別や世代でまた違うかも?と思う私ですが、そんな中でも共感できるっ!とか癒される!!とか思う方がいたら、やっぱり嬉しく感じる私がいます。

2014-8-21-8.jpg

同じお部屋に大きなぬいぐるみがあって、ぬいぐるみという王道アイテムを使ってかわいらしさが出せるかという事にも挑戦の私。やはり、かわいいにかわいいをプラスしたら、「さらにかわいい」という理想的な結果になりました(笑)道具を加えた魅せ方は私的には頻度としてはかなり少ない方なので、そういう意味ではかなり貴重な1枚かもしれません。

こちらのお部屋での撮影、夏らしさが出せたのではないかなと思います。加えて、撮影時間帯も真夏日の昼間、さしこむ日差しはとても暑く、ナナさんとしても大変だった事と思いますし、頭の下がる思いです。この感謝を少しでも写真で返せればと想う私です。

この他にも今回お見せしきれない枚数の写真の数々、紹介しきれていない撮影スペースにて、スタジオの隅々まで使い切って楽しく撮影させていただきました。この場所で撮ってみたかったという想いが叶い、感謝の気持ちで一杯になった私でした。

2014-8-21-9.jpg

今回の記事を書く直前に、発売されたばかりの日本カメラ9月号の村田兼一先生のインタビュー記事を読んでから、記事作成に臨んだ私。村田先生と七菜乃さんが出会ったのが2年数か月前。私もほぼ同時期にナナさんと出会う事になった訳ですが・・・

『写真家の数だけ、違う色、表情を見せる人です』と村田先生は言われました。

私も全く持ってその通りだと思います(7人の七菜乃展のブログ記事を書いた際など、過去記事にて何度も似たような事を書いた私です)私も七菜乃さんを撮っている者のひとりとして、末端も末端の私ですが、2年数か月、ナナさんと積み重ねた時間、私も七菜乃さんを通して、「私色」が出せていたら、伝わっていたら良いなと思ったインタビュー記事でした。

加えて村田先生は、『七菜乃さんと出会えた事は写真家人生の第二章ともいえる事で、自分を一段上の舞台へ引き上げてくれた』とおっしゃっていました。

私は、写真家でもなくプロでもありませんが、村田先生と同様、七菜乃さんと出会って、写真撮りとしても、人間としても、一段も二段も上に高めていただいたような気持ちを確かに感じています。この気持ちを返せるのは、やっぱり写真しかなくて、これからも七菜乃さんへ向けて、私色が出せたら、私色を届けられたらと、積み重ねる時間の度に思う私がいます。

Seventh Heaven ひとりだけでは創りあげる事ができないからこそ、向かいあう人との時間はとても大切な物だと感じるばかりです。今までも、そしてこれからも、向かいあえる喜びと楽しみと感謝を持って、私にできる何かを届けたいと思います。

最後に、今回の記事を掲載するにあたり、撮影写真の公開を快く承諾して下さった七菜乃さんとミントフレーバー撮影会様に感謝の気持ちを添えて、この記事を締めさせていただきます。


コメント(0) 

CALLING 52 [CALLING]

ハートのカタチに見えるのは私だけでしょうか?少しだけ幸せな気分になりましたよ私。

2014-8-20-1.JPG

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●はいちゃん

いや~、私も最近腰が痛いんですよ~。はいちゃんはその後大丈夫ですか?一度痛めるとクセになったり、以前より無理がきかなくなったりと、いろいろ大変なので、お互いケアして乗り越えていきましょうっ!!

一口馬主は投資目的では踏み入れちゃいけない世界ですよね。好きじゃないとやっちゃいけません(笑)競走馬の価格に加えてデビュー後も色々とお金かかりますからねぇ。

2014-3-30-17.JPG

天皇賞を2連覇したこのお馬さんも

2014-3-30-21.JPG

そして、G1レースの2着が4回あるこのお馬さんも一口馬主のお馬さんである訳ですが、そこまで活躍できるのはごくごく一握りで、出資したお金の元を取ろうとするだけでも、出資したお馬さんに何勝もしてもらって、オープンクラス(主にテレビのメインレースに映るような)に出走する常連になるか、そこで1度勝ち負けしなきゃいけないのですから。。。

ほとんど損する世界のはずです。好きじゃなきゃできませんよね。でも、馬主になってみたいってのは、競馬者にとってはやはり夢なので、一口馬主に興味が出るのもわからなくはないですね。それだけにノーリスクで俺の馬気取りなPOGというものはですねえ・・・(以下略。笑)

●K山さん

私は神楽坂の街ははじめてでしたが、外で撮るのもスタジオとはまた違う面白さや難しさがあって、興味深い時間になりましたね。いつもお写真を撮らせていただいている七菜乃さんからは『何なのですかこのデート自慢ブログはー!楽しそうで、これなら私もカメラマン役で行ってみたいです(注:七菜乃さんは可愛い女の子が大好物。笑)』と言われました(笑)

2014-8-20-2.jpg

未発表な1枚で休憩時の1枚なのですが、ロイヤルホストさんの夏のメニューのカタログの表紙や広告とかに使ってくれないかな?とマジで思った私がいました(笑)背景や趣はともかく、ひよりさんの表情が素敵なので、返信記事用に1枚仕上げて発表の私です。

2014-6-25-6.jpg

そう、K山さんが良いですねと言っていただいたこちらの1枚が一番反響が大きかったですねぇ。私らしい写真から一番離れた所に在る写真が一番反響があるというね、何と言うか複雑な気持ちでもありますが(笑)まあね、皆様が良いと思う気持ちはわかります(笑)

それにしても、いただくDVDがたまりにたまり申し訳ありません。。。3倍速放送などで見たとしても心が折れそうなほどの物量にDVDをいただく日に戦々恐々の私です(笑)

2014-8-20-3.JPG

先日、秋を先取りした私。とてもおいしかったです。しかしながら、室温35℃の中、秋を感じる事ができたかというとそれはまた別のお話なような気がしました(笑)

2014-8-20-4.JPG

翌日、もう一度秋を先取りしてみました私。やっぱりおいしかった訳ですが、室温35℃の中、秋を先取りできたかというと・・・・・以下同文の以下略な私でした(笑)

そんな感じで、残暑厳しい毎日でございますが、皆様、ご自愛くださいませ。不定期な記事ですが、返信などあれば可能な限り頑張って返信記事を書かせていただきます私。それにしても、室温が35℃とか36℃の私。休憩さえ命がけの予感な毎日です(笑)


コメント(1) 

Seventh Heaven 13 [Love any more]

まず最初に、今回の記事を制作するにあたり掲載した写真作品は、ミントフレーバー撮影会規約に則り、ミントフレーバー撮影会様の許可を得た上で掲載しております。本記事内の画像の保存、加工、2次利用等は、被写体である七菜乃さんを除き、どうかご遠慮いただくようお願いいたします。大変恐縮ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

2014-8-5-1.jpg

7月19日、いつも撮らせていただいている七菜乃さんの撮影会に参加させていただきました。今年の1月から3月まで七菜乃さんを撮影して、できあがった写真を全部仕上げた後、私が「次」にやりたかった事、それは「いつにも増して七菜乃さんをかわいく撮る事」冒頭の写真は今回の撮影のキーヴィジュアルとも言うような私が思い描いた「かわいいのカタチ」です。

七菜乃さんとは6月の撮影会以来、1か月ぶりの再会でした。今回、いつにも増してかわいく撮りたい私は、以前ツイッターで公開していたショートパンツがとてもカラフルでかわいらしさあふれる感じだったので、そんなお姿を撮れればと私。ピンクの上着は1点モノのお洋服で、かわいさ全開で撮りたい私の希望に応えるかのようなナナさんセレクトの1着。

実際にこのコーデで合わせてみたら色のバランスが良い感じで、夏らしさもあって爽やかで、何よりもとってもかわいかったのです!今回、そんなかわいらしさを強く出して行けたらなぁと、七菜乃さんと楽しく、「かわいい」を創りあげていきます私。

2014-8-5-2.jpg

私の中ではこのショートパンツ姿でかわいく撮りたいってのがあったので、冒頭の写真もそうでしたが、まずはショートパンツのかわいらしさを活かしたような構図を撮りたくなります私。このパンツ姿をナナさんがご自身のツイッターで公開していた際には上着は白系のものだったのですが、白基調のスタジオでは埋没するかもで上着をピンク系のセレクトにしたら・・・

これはやっぱり大正解だったのかなぁと思いました!上着とパンツの色使いでメリハリがきいて、衣装がスタジオの色調に埋没せず、かわいい雰囲気がダイレクトに伝わるよねっ!と、感触の良さにシャッターを切る回数がいつもより多くなった私でした。

ショートパンツのカラーコーデが、上着と統一感のあるピンク、ナナさんが好きな緑、私が好きな紫と、面白い様に意思疎通ができているような感じが楽しくて楽しくて。ウエストのリボンには気付いていましたが、サイドの裾口にもリボンがある事に撮影後の画像処理の際に気付いたりと、いつにも増して洋服のかわいらしさと楽しさを強く感じる時間となりました私。

2014-8-5-3.jpg

人物写真は美人系に仕上がってしまう私は、かなり意識しないとかわいく撮れなかったりするのですが、今回は「いつにも増してかわいく」がテーマなので、やりすぎかも?って思う位でジャストのイメージ通りな仕上がりに。今回撮った写真はいつもより表情にメリハリが出たものが目立つかな?と思います。私がかわいい全開で七菜乃さんを撮るとこんな感じかもです。

2014-8-5-4.jpg

この、立っているような、座っているような、どちらにも感じるあやふやな浮遊感が好きだったりします私。ナナさん衣装を紐解く重要なワードに「タイツ」があると思っている私がいるのですが、今回のタイツもナナさんお気に入りの、過去の私との撮影にも使われたタイツ。さりげなく今回の衣装との色合いの統一感がかわいらしさを際立たせているような気がします私。

村田兼一先生は、七菜乃さんを『靴下すらいらない女』と評した(注:これは大変な褒め言葉なのです)のですが、私的には「タイツ姿が気になって仕方のない方」なのです。

そんな訳で私が過去に撮った七菜乃さん写真を改めて見ても、タイツ着用率が非常に高いです(笑)他の女性を見てタイツに目が行く事はまずないのですが、ナナさんと出会ってから、ナナさんのタイツ姿はいつも興味深く、楽しくて、必ずタイツに目が行きます私(笑)

2014-8-5-5.jpg

いつにも増してかわいく、が、今回のテーマですが、普段の私の撮り方寄りの美人系な仕上がりに。私のスタイル的に自然とそうなってしまう感が高いのですが、かわいい衣装に美人系な表情や仕草、そのギャップがたまらなく良いっ!と、感じる時があります。今回の写真の中では異質なように見えながらも、かわいらしさが見え隠れする感覚が「かわいい」のです。

2014-8-5-6.jpg

撮った直後、お互いに「これはかわいい!」って感じた1枚です。仕草や表情、体のラインの作り方、「いつにも増してかわいく」が撮れました私。過去にもかわいらしさを意識した写真がありましたが、どれも私の中にある共通の「かわいいの出し方」が出ているような気がします。今回は過去の写真と見比べた際に全体的に「かわいい」が出ているのではと思います。

私が七菜乃さんを撮影する時に、撮影場所に出窓を用いる事が多いのですが、それはナナさんが出窓のスペースが好きだっていうのと、女犬七菜乃で出窓でのイメージ映像があったりと、ナナさん的に大好きな空間の中、どれだけの事ができるかな?って試したくなったり、私なりの答えを出したくなります。窮屈で何もない空間なのに面白さがあふれています。

2014-8-5-7.jpg

知っている人は知っているお姿、ナナさんが撮影会の休憩時間に着ている上着なのですが、撮影会の合間にツイッターなどで公開されていた休憩中の上着姿が妙にかわいく、実は撮りたいと思っている方が多いらしく、隠れ人気衣装なのです(笑)私も撮りたくて仕方なくて、休憩着を羽織ってもらっての1枚。私の夢がひとつ叶いました(笑)とにかくかわいいっ!

2014-8-5-8.jpg

「次」はいつにも増してかわいく撮りたい。この日、進化も深化も出せたのではないかなと思います私。私はすごい満足した、とても楽しい撮影会となった1日となった訳ですが、ふと、ある日の出来事と1枚の写真を思い出す私がいました。

今回の記事で最後に載せる写真は、私が2年3か月前に七菜乃さんとはじめてお会いして、その時に撮った写真です。この時撮った写真がとてもかわいく、そしてとても楽しい時間に。そして、そんなご縁と時間が今も続いています。この日があったから、今、かわいく、楽しく写真が撮れる事ができているんだと思うと感慨深く、色々と感じる物が多々あります私。

撮影会にて七菜乃さんと向かい合えている時間、ホント特別な時間だと感じています。そんな時間を重ねに重ね、今も変わらずにナナさんと向かいあえている事、楽しめている事、一緒に良い写真を創りあげる事ができている事、2年前の私とナナさんに誇らしく伝えたいですね。そして、今現在のナナさんにも感謝の気持ちを、良い写真を届けて積み重ねていきたい私。

Seventh Heaven ひとりだけでは創りあげる事ができないからこそ、今も変わらずに向かいあえる事ができる喜びを噛みしめて、すべてがはじまった瞬間や積み重ねた時間、進化や深化に欲深くなりながら、今も変わらず向かいあえてる人に、感謝の気持ちと向かいあえる喜びを、出し惜しみする事なく、私にできる何かをお届けできたら良いなと思うばかりの私です。

最後に、今回の記事を掲載するにあたり、撮影写真の公開を快く承諾して下さった七菜乃さんとミントフレーバー撮影会様に感謝の気持ちを添えて、この記事を締めさせていただきます。


コメント(0)