So-net無料ブログ作成

4月の私。 [THAT'S LIFE]

私のツイッターを見ている方には届いている情報なのですが、3月末に仕事の契約が切れましてね私。で、4月から仕事探しをしつつ主夫業などを頑張っていた訳ですが、先日転職が決まりまして5月から新天地で仕事再開と言う事で、就職活動の合間に何をやっていたのかツイッターなどに使ってた画像を交え、4月の私と言う事でまとめておきましょう私。

2015-4-14-2.JPG

4月12日、アヒージョしか作れなかった私の料理のレパートリーがひと品増える。なすとキノコのガーリックソテーが完成の私。とはいっても、フライパンの中に具材入れて煮込む料理しか作れないのですが(笑)困った時にはヤングコーンを入れる!これで何とかなる!(笑)

2015-4-22-1.JPG

4月22日、カメラのメンテナンスや諸々の用事を全て1日で済ませようとした結果、ドラゴンボールZ復活のFを観る事になった私。(ちなみに3月には仮面ライダー3号の映画公開初日に観に入っております私)観た後で座席がF列だった事に気付く(笑)

仙豆があと一粒と言う所で神と神のような終わり方を想像したら全く違う終わり方!そして、ジャコの出番が多い!!(笑)最後に・・・特典の最神刊のネタバレ感が凄い!(笑)

2015-4-22-3.JPG

で、ドラゴンボールの映画は新宿の映画館にて観た訳ですが(カメラのメンテナンスも新宿のキャノンのサポートセンター)すべての用事を新宿で済ませる理由は・・・

デランジェのニューアルバム!千葉在住の私は買おうと思えばどこでも買えたかも。が、新宿まで行かねばなるまい。パネル展示を観る為に。部屋に飾るのに欲しいのなら①ただ、一郎さん好きなら文句なしで⑥写真の構図が好きなのは④誰得?私得なひと時!

2015-4-22-4.JPG

そんな訳で新宿のタワレコでパネル展示を見てニューアルバム購入、先着購入特典のキーホルダーもゲットだぜ!と思っていた発売日昼間、配布終了に現場で涙目の私。インストアイベント券もありましたから前日発売時から売れたのかも。でも新作聴ける喜びで満足よ!

2015-4-22-5.JPG

新宿から帰宅後にデランジェ、2年ぶりの新作を聴く。一郎さんらしさと言うより「バンドあってこその一郎さんの在り方」が存分に出ているバンドが持つ心地よさ。ボーナス含め全11曲。インスト1曲、2年前のカバー1曲、20年前のカバー2曲。2年ぶりの新作!(笑)

こんな事言いつつもニューアルバムや「CRAZY4YOU」のPVにノックアウトされ、昔から憧れ続ける方々の底力を改めて感じた私。狂おしい夜さ!ステキな夜さ!!

2015-4-27-1.JPG

4月27日。不覚っ!主夫業の買い出しの最中に自転車の鍵を落とす!しかもそういう時に限って缶コーヒーとか飲み物とかまとめ買いしてる!!(笑)自宅まで徒歩圏内のスーパーから戻り、もう一回スーパーまで歩いて向かい、合鍵使って回収しに行かなければの私。。。

合鍵を取りに戻り、ダメ元でスーパーのサービスカウンターに問い合わせたら、やはり落とし物として再会して回収の私。この飾り含めての鍵。自転車変えても10年以上使ってるし裏面には創り手に名前彫って頂いてる大切な物。拾っていただいた方に感謝でした!

2015-4-29-b.JPG

4月29日、この日の主夫業の買い出しは近所のスーパーではなく自転車で10分のイオンへ私。ウィスパーだけが売り切れているという謎の事態・・・私の自転車ハードライドに少々中身が傾いてしまうも帰宅まで原形をとどめていてくれてよかったです(笑)

2015-4-29-a.JPG

1個約250円のこのお菓子に和菓子職人の心意気を感じましたよ。昼食に食べたら程よい甘さにもんげー!(笑) 機会があれば売り切れだったウィスパーも食べたいかもの私。

2015-4-30-1.jpg

で、4月30日新天地への転職前夜。1か月就職活動に主夫業に頑張った訳ですが、明日から仕事に戻るという事でしばらく私が料理を作る事はないだろうという事で、今日の料理は私がはじめて作ったひと品であるアヒージョ。エリンギを入れたのは初でした。しばらく作る機会がないという事で気合い入れて作ったら、最後の機会に完璧に作れて嬉しかった!

そういう訳で4月の私、しばし休息の私。明日から5月の私、新天地で頑張りますよ!


コメント(0) 

過去作品をバージョンアップの私。 [THAT'S LIFE]

1年前に撮った写真、それらを今の私が仕上げ直したらどのようになるのか?昔に比べて意図する方向に仕上げられるようになってきたからこそ、やってみようと思いました私。

2014-6-11-new-a.jpg

1年前に撮影した瀬戸サオリさんとの撮影会の記事に用いた写真の多くを再度仕上げ直し、未発表だった写真3枚を加えて記事と写真のバージョンアップを行いましたよ私。

http://nakayasu-crz.blog.so-net.ne.jp/2014-06-11

(過去に許可を頂き掲載の写真につき、2次利用等はご遠慮願いますね)


コメント(0) 

to me,to you,49 [Nil to Hero]

3月28日、この日は日経賞。17年前の日経賞があった日にはじめて競馬場へ訪れた私。日経賞の日には私の競馬の原点があるかもしれません。今年もこの場所に私はいた。

2015-4-2-1.JPG

はじめて競馬場へ訪れた17年前の日経賞の次の週末には一眼レフカメラ買ってその足で中山競馬場へ向かったのを今でも覚えています私。当時のフィルムカメラで一番最初に撮った写真はこんな感じの風景だったと思う。それを今、もう一度同じ光景を撮った訳ですが、(当時から)意図も何もないけど、自分にとっての原点の日に変わらぬ景色を撮れる幸せが私。

自分にとっての競馬の原点を感じる日。いつ頃からか日経賞の日は毎年競馬場にいる私が。楽しむ事、熱くなれる事、焼けつくような戦いがある事。私の競馬の原点、でもあるけれども、私の写真の原点もこの場所なのだから、毎年訪れる私がいるのだと思う。

2015-4-2-2.jpg

競馬写真をはじめた時(それはすなわち私が写真そのものをはじめた時)私はパドックにいました。最初の1か月位はパドックの写真しか撮っていなかった気がします(レースを撮れる望遠レンズがなかったのが主な原因かも)改めて、はじまりの場所を意識して撮る私がいた。

2015-4-2-3.JPG

で、この日、自分の原点を迎える日に私はどんな写真を撮ったのだろう?と後で写真を見返したら、おのずと道は示されていたんですよね。今日はそんな1日ですよ(笑)

2015-4-2-4.jpg

人気を背負ってはいましたが残念な結果に。こういう時、騎手の方が調教師やスタッフの方とどう向き合うのかが興味深かったりしますね。勝手な想像が止まりません(笑)

2015-4-2-5.jpg

撮っていそうで過去に撮った事がなかった瞬間を。競走馬に騎乗する際は誰かに協力してもらって跳ね上がる感じで騎乗するんですよね。ベストなタイミングや構図を今後も試してみようかなあって思う私がいますね。

2015-4-2-6.jpg

典弘好きだったり、私の競馬ブログ記事を熱心に見ていただいている方ならニヤリとする瞬間。「またやってるよ」とツッコミたくなる私もニヤニヤしながら言う感じで(笑)

2015-4-2-7.jpg

この画像サイズで見ちゃうと手前中央の競走馬を撮ったようにも感じますが、私の照準は左奥の典弘しか見ていませんでした。展開着順は相変らず無視です(笑)

2015-4-2-8.jpg

中山競馬場が改修リニューアルしてからグランプリロードで写真撮るのが楽しかったりします。パドック撮影とはまた違う面白さを感じる私がいますね。競走馬の目元にだけ光が当たりあとは影。漆黒の光沢が妙にカッコよく感じた私がいましたよ。

2015-4-2-9.jpg

中々白熱のレースシーンが撮れたなと思うも、実際の勝ち馬はこの後鋭くのびてくる別の馬。展開を読み違えた挙句、勝った馬は私が単勝勝負していた馬という結末に、ただただ悔しさあふれまくりの1枚になっちゃいましたね(笑)

2015-4-2-10.jpg

全然人気なかったけど・・・相変わらずレース後の表情と着順が比例しません(笑)

2015-4-2-11.jpg

8番人気7着だったのですが、撮っていてなぜか妙に楽しい私がいました(笑)

2015-4-2-12.jpg

中山競馬場ではよく見る光景です。現場にいる方しか知り得ない競馬写真じゃないかと思います(笑)この写真見て競馬写真だと思う人は皆無かと(笑)

2015-4-2-13.jpg

ここからメインレースである日経賞の写真を私。有力馬を沢山紹介するとか、勝ち馬中心の写真をとか、記録に残る写真を刻みたいのではないのだと思う私。

この構図の中に幹夫さんがいるだけでこの写真に意味と深みが生まれる。同期、流れる時間、お互いの現在の立ち位置、変わるもの、変わらないもの。競馬とは競走馬が積み重ね、織り成す歴史であるが、競馬とは人が積み重ね、織り成す歴史でもあるはずだ。

2015-4-2-14.jpg

そして、日経賞がスタート!前走のAJC杯でも密かに期待していた追い込み馬のフラガラッハで逃げを打つ奇策。前走はゲートの中で暴れていてスタートが遅れたため私の期待は不発も、今回はやりおった!典弘ウォッチャーならやりそうな雰囲気は察していました(笑)

いや~、現場で見ててテンション高かった私です(笑)

2015-4-2-15.jpg

道中、単騎の割にはちょっとペース早いかも?と思いつつ直線半ば、私の眼前まで見せ場たっぷりの典弘。いや~、良いもの見させていただきました。

『他に行く馬もいなかったので、こういう競馬をしてみたかったんです』

最近はほとんどレース後のコメントを出さない典弘が(強いて言えば、着順問わず自分が上手く乗れた時だけコメント出してる気が。笑)日経賞のレース後にコメント発した意味合いの深さでこのレース見返すのが面白くなっちゃうんですよね(笑)

典弘とフラガラッハ、見せ場たっぷりの5着に大満足の私でしたよ。まあ、冷静に考えると典弘今日勝ってないよな・・・って思ってしまいますが(笑)でも楽しかった!

2015-4-2-16.jpg

で、勝ち馬もちゃんと撮っていますよ私。やる時はやりますよ(笑)ペースが流れて前に目標がいて、ひと仕掛けで突き抜けるっていうレース展開だったので、写真撮る方としてはとても楽でしたが(笑)私の競馬写真の原点である日経賞の日に勝ち馬をきちんと押さえる事ができるのはやっぱり嬉しいですよ。馬券外しても勝ち馬撮れると上々の気分で帰れます(笑)

2015-4-2-17.jpg

私が写真をはじめた感覚や今も続いている事、そしてこれからやりたい事は何なのか?楽しい事、熱くなれる事、感情が炸裂している事。感情の記憶を刻みつける事こそが私の写真の原点であり、これからも刻み続けるであろう私の道筋な気がします。

そして、誰の為と言ったら自分の為、誰得と言ったら私得でしかない私の競馬写真に対してありがとうと言われると嬉しさがジワリと来る。気持ちが引き締まります。

日経賞の日は私の競馬や写真の原点にあふれた日。年に一度訪れるこの日は私が「ここにいる事」の意味合いの重さを感じる日。はじめた時はどこへ向かうかわからないスタートラインだったけど、未だ訪れぬゴールへの道筋、その道筋は間違っていないと胸を張れるし、歩みをはじめた17年前の想いを持ち続けてこれからも美しいラインを刻み、描きたいですね私。


コメント(0)