So-net無料ブログ作成

to me,to you,52 [Nil to Hero]

9月27日と10月4日、中山競馬場で競馬撮影の私。今回はその時撮った写真をまとめて公開の私。前回の撮影時より典弘の騎乗数も多いので応援にも熱が入りますね。というか、前回の騎乗ふた鞍がさすがに少なすぎたと言いますか(笑)

2015-10-11-1.jpg

まずは9月27日の時の写真から私。現場で競馬観ている人にはこの瞬間が何を意味するのかはピンとくるのではと思いますが、わからない人向けに伝えるなら、これからパドックにお馬さんが入ってきますよという合図ですね。いつも競馬ブログ記事を作る際に用意するその日の冒頭写真、ネタ切れ感は否めないので同じ場所でも微妙な変化をお届け(笑)

2015-10-11-2.jpg

私の場合、朝8時半頃に自宅を出発して10時半頃に中山競馬場のスタンド前に到着。撮影場所の設営の最中に第2レースがはじまるかなっていう感じで、第2レースが芝の時は到着早々試し撮りを敢行の私。その日の1枚目としては悪くないと思ったら・・・

2015-10-11-3.jpg

外から来た馬の方が脚色が良くてやっぱりこちらが勝つと。ギリギリで照準を変えて撮る事ができましたね(笑)望遠レンズで見てると視界が狭くなるので意外と難しいのよ・・・

2015-10-11-4.jpg

新馬戦のパドックにて典弘の騎乗馬を1枚。パドック撮影、私の場合は典弘の騎乗馬の馬番を調べて騎乗合図がかかった時(馬がその場に止まって騎手が来るのを待つ)に馬が止まる場所のあたりで待つ事が多いですね。そんな訳で目の前で止まってイメージ通り!

2015-10-11-5.jpg

撮ろうと思っていた構図の瞬間を逸し、残された1秒2秒で第2案の構図を決める。シャッターを切る直前まで半信半疑。が、できあがった1枚を見たらこの瞬間はこれで良いのだと私。私はアートの世界じゃなく、ライヴの世界で血肉を授かったのだから。

2015-10-11-6.jpg

この時の典弘騎乗馬は人気薄で見せ場もなく終わるのではと思ったのでスタート直後に1枚だけ撮ってあとは勝ち馬に照準を合わせる展開に(笑)

2015-10-11-7.jpg

で、レース展開から勝ち馬になりそうな馬に照準を合わせる。今回は断然人気で楽勝な流れだったので撮るのはとても楽でしたね私。

2015-10-11-8.jpg

先の写真と同じ場面ではありますが好みが分かれるかも。先の写真の方が普遍的な仕上がりですがこちらの方が躍動感があって好きかも知れません私。

2015-10-11-9.jpg

人気馬で勝機がありそうなダート戦、芝コースの内側にダートコースがあるのでレースを撮るにはちと遠い。そんな場合は典弘の勝利を信じてウィナーズサークルにて典弘の帰還を待つ・・・・半年ぶりに見るこの光景。相変わらず表情と着順が比例しない(笑)ええ、写真からは信じられないかもしれませんが、勝利を信じて待った結果は2馬人気4着でしたよ(笑)

2015-10-11-10.jpg

観ていたら悔しさが伝わる雰囲気だったので思わず撮りたくなる瞬間。ちなみに14番人気で8着での悔しさ。これを見た後だと先の典弘の1枚が妙に面白く感じてしまう気が(笑)

2015-10-11-11.jpg

私的には新しい構図の取り方だと思いますが、なんというかこう見る方へ媚びたような写真は正直好きではない(笑)馬名が面白いとか何か伝える要素がない限りまあ撮らないでしょうねという事で。そんな訳でイメージ通りに実験終了の私。

2015-10-11-12.jpg

この日はメインレースの前に注目レースが!2歳オープンの芙蓉ステークス、今年からレース条件が変わって皐月賞と同じ芝2000mに。で、この条件変わりで注目馬が!!デビュー戦を快勝した関東馬期待のプロディガルサンが早くも2戦目を使ってきた!2歳戦の序盤から距離の長い番組が増えたので、早い時期にクラシック有力馬の出走が増えた気がする。

デビュー2戦目の若駒、落ち着きが無かったり周回中に鳴く場面もあったりしますが、カッコよく撮れたんじゃないかぁと思いますよ。ある意味この日一番気合いが入ってたかも私(笑)

2015-10-11-13.jpg

こっちを見た!パドック撮影で嬉しくなる瞬間のひとつかも私(笑)

2015-10-11-14.jpg

壮大な予告編を観ているかのような、ワクワクする、駆り立てられる何かがあったんだ。新たなるヒーローを求めていた。新たなる伝説を求めていた。私はこの日、そんな予感を感じさせる何かを手に入れたんだ。 プロディガルサン、未来が開ける2勝目。競馬に絶対はないとの格言の中、期待馬が勝つべくして勝つ。何事も主役がいてこその物語だと思うから。

2015-10-11-15.jpg

先程のプロディガルサンが快勝した場面がこの日のテンションのピークだったのか、妙に満足感に包まれてしまいその後のレースの撮影が散漫な私。躍動感ある仕上がりも勝ち馬を探しに行ったにも関わらず全然見当違いな場面だったりします(笑)

2015-10-11-16.jpg

で、満足感に包まれたまま迎えたこの日のメインレースのオールカマー。インを豪快に割って出てきてテンションが上がった私は後続を全く見ないで決め打ちしたら外から強襲を食らって離された2着に・・・・飢えた感覚や集中力が重要だという戒めの1枚になりました(笑)

2015-10-11-17.jpg

そんな訳でこの日の私のメインレースはオールカマーじゃなくて芙蓉ステークスになっちゃいましたね(笑)でも、久しぶりにワクワクするような、今後のレースを追いたい馬が出てきてくれたので、そんな素敵な出会いに感謝した1日になりましたよ私。

2015-10-11-18.jpg

ここからは10月4日、スプリンターズステークスの日の写真を私。いつもパドックで撮る冒頭写真を撮り忘れたので国際色豊かな場面を・・・外国からの参戦は1頭だけだったのですが妙に多い国旗。日本馬に外国人馬主というパターンもあるが真相は謎だ(笑)

実はこの日の撮影、G1レースの日でいつもより人も多く、移動の割に場所取りができずに徒労に終わるだろうなあと思っていたので馬券勝負を楽しみながら典弘の応援写真でもってのがメインで意外と写真を撮っていなかったりしますが(笑)

2015-10-11-19.jpg

ユタカと半年ぶりに再会の私。騎手と競走馬という構図ならパドックよりグランプリロードで撮る方が好きかも知れません私。パドックでの静から動に切り替わる空気感も好きだったりしますが、こちらの方が撮りやすいという理由・・・(笑)

2015-10-11-20.jpg

近い(笑)こういう場合はイメージしてた構図が撮れないと一発で諦めなければなりません私。そして、一発勝負に打ち克つ(笑)

2015-10-11-21.jpg

で、この時のレースの勝ち馬がセリ市で高値がついた話題馬のマツリダバッハ。名前から伝わるようにマツリダゴッホと同馬主の方な訳ですが、それまでの持ち馬で一番活躍したのがゴッホで期待馬にバッハ・・・安直と言えば安直ですが馬を沢山持つと名前なんて正直どうでも良いのかもしれないという瞬間があったりするのだろうか?(笑)

2015-10-11-22.jpg

で、残りの時間はいつも確保している撮影場所にてレース写真を私。典弘の応援写真に入る前に(レース展開を追いながら)勝ち馬を探し撮れるか否かの試し撮りを。出揃った写真を連ねた時に似通った写真になる事も多いのですが、数々の試し撮りと失敗写真が積み重なった上での似通るという事をわかっていただけると私も報われます(笑)

2015-10-11-23.jpg

私が競馬場で写真を撮る際、典弘が勝たない事勝たない事(笑)随分と連敗を重ねましたがようやく快勝!ウィナーズサークルまで300mくらい走って表彰式の模様も撮りに行こうかと思いましたがG1レースの日で人多くて場所取れないだろうという事で断念(笑)

2015-10-11-24.jpg

中山1200m2戦2勝で1400やマイルを使って惨敗して適距離に戻るって事で密かに期待してたんだけどなあ・・・・レース展開を無視して撮ったら気が付いたら惨敗していた!(笑)

2015-10-11-25.jpg

今日は人気や展開、勝算を無視して典弘を応援し続ける1日。G1スプリンターズステークスで11番人気2着のサクラゴスペルの激走をしっかりと撮れた事が嬉しい!勝ち馬全く撮ってない私(笑)応援は1勝2着1回、楽しい1日! 典弘の応援とレース写真に飢えていた部分があったので似た感じの写真が多くなりましたが、熱とか何かしらの感情が炸裂しているはず!

2015-10-11-26.jpg

前回公開したセントライト記念の時から3週連続で中山競馬場で撮影の私。半年ぶりの中山競馬場、4か月ぶりの競馬写真。この場所に戻ってくるとやはり写真撮りの、創り手としての私の立ち位置を再確認する。先程も言いましたが私はアートの世界ではなくライヴの世界で写真をはじめたのだから、私の何かしらの熱や感情が炸裂してこそだと思う。

記録ってのは競馬マスコミや写真係、自称競馬写真家の方々に任せて、私はこの場所で私が感じた熱を、感情を、瞬間を、記憶を炸裂させますよこれからも。

当初の予定では東京競馬場の毎日王冠も撮影予定に入れていたのですが、この3週の撮影が充実かつ満足感に包まれたので一時休憩の私。次の競馬撮影は地方競馬大井競馬場でのJBC競走の予定。またひと月、撮影から離れて飢えた状態で戻って来れるのかなと思います。『こいつ楽しそうに競馬写真撮ってるな』ってのが伝わり届けば嬉しいですね私。


コメント(0) 

続・夏休みにスイーツ巡りの私。 [THAT'S LIFE]

今年の夏、まるで夏らしい事をしていない事に気付く私。お盆休みがない私、その代わりに職場から6月から10月までの間に3日間好きな日取りで休暇を取って下さいと言われている私。これは夏休み取って何か夏らしい事をしなければ私。

と言った感じで、先日巣鴨の方へスイーツ巡りを敢行した私でしたが、10月末まで使える夏休みがあと1日残っているんですよねえ私・・・

そんな訳で本日、10月ですが夏休みの私。夏休み最後の1日を豪華に、優雅に、だけど孤独に(笑)おいしいお店に行ってきましたよ私。

2015-10-6-1.jpg

今週、根橋洋一先生の個展がありまして、絶対行きたい!と思っていた私は先生の個展へ伺う前においしいお店に行けない物かと思った訳ですよ私。

で、先日の巣鴨スイーツ巡りの際に素敵なお店を紹介していただいたひなさんに聞いてみたのですよ。「(根橋先生の個展会場から近い)東京駅近郊でおススメの店はありますか?」と。

『残念ながら東京駅付近の情報は持ち合わせてなくて・・・』と、ひなさんが。

ですよね~、ですよね~?そんな都合よく知ってる訳ないですものねぇ。いやあ、今回は自分で探すかあと思っていたら・・・

『あ!そういえば果実園と言うパーラーのズコットがインパクト大ですよ!!』

いや・・・お会いした方なら絶対伝わると思うのですが、ひなさんって絶対に良い人だと思う(笑)情報持っていないのに私なんかに時間割いておススメを探し伝えなくても良いはず(笑)

ここまでお気を遣われたら絶対に行かなきゃダメでしょう私。根橋先生の個展へ伺う前にとても幸せな気持ちになろうじゃありませんか!楽しみで仕方ありませんでしたよ私。(根橋先生の個展へ伺ったお話は後日ブログ記事にする予定です私)

2015-10-6-2.jpg

確かにインパクト大!ひなさんからズコットのお話を聞いていたのでズコットは食べなきゃダメでしょう私と言う事で、フォーベリーのズコットを注文の私。今日はチョコレートケーキベースだったのですが、オーソドックスなタイプもあるとの事です。と言うか、素敵だ!!!

2015-10-6-3.jpg

食べるのもったいない位の意匠が・・・・まるでロッククライミングの突起みたいに(もうちょっと良い例えあるでしょう私。笑)驚くよ?思っているより甘くないの!そこにまず驚いた!!

2015-10-6-4.jpg

まるで遺跡の様ですよ。歴史的発見の生き証人のような気分です私。何とも豪華でパワフルな断面でしたよ。幸せを通り超えて伝説を感じています(笑)

2015-10-6-5.jpg

パンケーキフルーツミックスクレープ包み(そんな感じの名称だった気がする)いや、私さ。外食でパンケーキはじめて!いつかは!と思っていたので念願叶ったというか、一見パンケーキに見えない!たぶん今日で1年分のフルーツ食べてるかもな私です(笑)

で、このごろごろとふんだんに使われたフルーツがさ、めちゃくちゃおいしいの!

2015-10-6-7.jpg

ごろごろしたフルーツ郡の下にパンケーキが隠れている・・・イチゴのアイスクリームもトッピングされ、このひと品だけで十分すぎるほどの量と贅沢ですよ!このパンケーキ、また食べたいかも!ってマジで思った私。もう一度言うが1年分のフルーツ食べてる気がする!(笑)

2015-10-6-6.jpg

ホントはさ、ズコット、パンケーキ、パフェの3種食べるつもりでいたんですよ私。このボリューム見ました?いやあ、パフェは無理でしょう!(笑)そういう訳で和栗のパフェは断念しましたよ・・・・次回東京へ行った際の宿題ができた気分です(笑)

ズコットとパンケーキで十分すぎる程幸せになれた私の夏休み最終日。私の思考ならフルーツ全開なメニューを食べようとは思わなかったですね。だからこそ、まず自分ではいかないようなお店をおススメしていただいて出会う瞬間が面白くも驚かされるひと時に!

改めて、巣鴨の雪菓さん、フレンチパウンドハウスさん、東京駅での果実園さんと巡った私の夏休み。この夏最高の思い出をありがとうと改めて伝えますよ!そしてね、こんな素敵なお店の数々を教えていただいたひなさんへただただ感謝するばかりの幸せな夏休みでした!


コメント(0)