So-net無料ブログ作成
検索選択

Nocturne 2015 [はじめて読む方へ]

私のブログ2015年最後の記事は、今年撮った写真の中からベストな物を再公開するコーナー。今年もこの記事で、この言葉で締めさせていただきます私。

『ラストぉ ノクターン』

毎年書いていますが、誰もわからないと思います(笑)

20年前の曲、しかもこちらを見ている方々が die in cries なんて知ってる訳がないっていう配慮のなさ全開で、今年最後の記事、行きましょうか私。

『楽しむ2015』(横山典弘)

2015-12-31-1.jpg

『幕が開く』(2015金杯)

2015-12-31-3.jpg

『黄金長方形2015』(モーリス)

2015-12-31-4.JPG

『返し馬2015』(ディサイファ)

2015-12-31-5.JPG

『想像力とは愛なんだ』(武豊)

2015-12-31-6.JPG

『刻』(横山典弘)

2015-12-31-7.jpg

『オーバードライブ』(横山典弘)

2015-12-31-8.jpg

『騎手の肖像2015』(横山典弘)

2015-12-31-9.jpg

『パドック2015』(中山競馬場にて)

2015-12-31-10.jpg

『まなざし』(中山競馬場にて)

2015-12-31-11.jpg

『New Hero New Legend 2015』(プロディガルサン)

2015-12-31-12.jpg

『グランプリロード2015』(アルバート)

2015-12-31-13.JPG

『そこにオマエがいる風景2015』(横山典弘)

2015-12-31-14.jpg

競馬写真以外にも良いと感じた写真や、今年もご縁があって人物写真なども撮らせて頂きました私。掲載許可を頂いて作品発表した人物写真の方もベストな物を再公開いたします私。こちらの方は画像の保存、加工、2次利用などはどうかご遠慮願います。

『幸せはここにある』(棚橋弘至)

2015-12-31-15.jpg

『今年もこの場所で』(瀬戸サオリさん)

2015-12-31-16.jpg

『ROMANCERS』(山田ひよりさん)

2015-12-31-17.jpg

『GUILTY』(山田ひよりさん)

2015-12-31-18.jpg

『Crystal Letter』(山田ひよりさん)

2015-12-31-19.jpg

『笑顔の行方』(山田ひよりさん)

2015-12-31-20.jpg

『哀愁トワイライト』(山田ひよりさん)

2015-12-31-21.jpg

最後の一枚は私自身が選んだ私が撮った写真ベストオブザイヤー2015。

『疾駆2015』(ワンダーアキュート)

2015-12-31-22.jpg

と、こんな感じにベスト写真を再公開して年を締める事にしている訳ですが、こんな大晦日も今回で6回目。自分の為に撮っている写真だけど、共感してくれる声が届いたりすると大きな力を、次へ進む力を貰えるような気がする私。まずは自分に響く写真を。それが誰かの心に届き響けば嬉しいです。これからもそんな写真を、時間を創り上げて行ければと思います。

これが今年最後のブログ記事、今年もdoubtsiderを見て下さった皆様方、本当にありがとうございました。こんな私でよろしければ来年もお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。


コメント(1) 

CALLING 57 [CALLING]

本来、自分の為にやっている事なのだけれども、そういった部分が伝わったり、良いと言ってくれたり共感があったりすると、特にそんな言葉が直接届いたりするとやっぱり嬉しくなりますよ私。で、そういう時には未公開の写真とかも出したくなる気持ちにもなりますよね(笑)

2015-12-27-1.JPG

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●おとめ座さん

勝ったり負けたり(むしろ負けてる時の方が多い)を繰り返す競馬世界。そんな中、自分が遊びに行った際に応援している人や馬がが都合よく勝ってくれるのは稀であったりしますし、上手くいかない時の方が多いからこそ、現場で勝った時はその思いが炸裂しますよね(笑)

何かしらが伝わっていたり共感があったりって、それは自分の言葉、自分の写真が誰かの真似事じゃなくストレートにズドンと叩きつけてるからなのかなと思う私がいます。文章も写真の方も練られたものとか技術的にどうとか機材が凄いとかそういうのは全然ありませんが、競馬の記録じゃなくて私の記憶だけはここにあるって胸を張って言える私がいますね。

だからこそ、私の記憶が伝わり届き、響いているってのは凄い嬉しいですよ。こちらこそありがとうございますと感謝を伝えたい私です。自分の為の時間、自分の為の写真なのですが、とってもありがたいお声を、お力をいただきましたのでまた来年も頑張らなければ私!

で、来年の競馬撮影は金杯から・・・・と思っていたのですよ。仕事が1月4日まで休みで、日程を確認したら4日にいけばよいのだなと思ったら、2015年の金杯の予定を見ていた(笑)1月5日なのね(笑)そういう訳で来年の競馬撮影スタート時期は確定していませんが、行ったら全力で楽しみたいと思っていますよ私。ではでは、ありがたいお言葉の数々に只々感謝を!


コメント(0) 

to me,to you,53 [Nil to Hero]

12月5日、中山競馬場へ行ってきましたよ私。私的には今年最後の中山競馬場での撮影、今年最後の典弘応援の1日でしたよ私。

2015-12-13-1.jpg

この日の典弘騎乗馬は1レースから。せっかく行くのなら早くから応援したいよねという事でこの日は朝5時半に起床したのですがそれでも出遅れました(笑)

で、2レースの発走前には間に合うだろうと思ったら、冬時間で発走が早くてさ、地下通路歩いている間に第2レースがはじまってしまいました(笑)

で、この項のオチを簡潔に伝えるなら典弘ふたつとも全然ダメだったから(笑)

2015-12-13-2.jpg

気を取り直して第4レースから撮影を開始します私。2か月ぶりに典弘と再会で競馬撮影再開の私。有馬記念でゴールドシップに乗れない悔しさをこの日晴らしてほしいものですよ私。

2015-12-13-3.jpg

この日のパドック写真は引き気味に撮りたい雰囲気の私。2番人気の有力馬、期待が高まります。この後、当該レースが芝の中距離なら返し馬~レース撮影で自分の敷物場所へ戻り、短距離やダート戦の場合は典弘の勝利を信じてウィナーズサークル付近へ移動の私。今回は後者です。競馬撮影の日は気が付けば何キロも歩いている事になります(笑)

2015-12-13-4.jpg

で、ウィナーズサークルへ移動したらテレ東のウイニング競馬のロケ収録が行われていたようで(私が到着したころにちょうど終わった感じ)ついに鷲見アナをお目にかかる事ができたっ!

2015-12-13-5.jpg

典弘の勝利を信じてこの場所で待機していた訳ですが、2番人気も惨敗・・・中々うまくいきませんねえ。。。現場へ典弘の応援に来てる時に勝ってる所が見たいですよ私!(切実)

2015-12-13-6.jpg

この日はお昼休みにスポニチ主催の予想イベントが(この日のメインレースがスポーツニッポン賞)自宅に毎週末届くのがスポニチなのでいつも読んでいる面々を目の前にしてテンションが上がった!盤石の人選だ。オサムのポツンが見たかったのはきっと私だけ(笑)

2015-12-13-7.jpg

この日は色々な人と初遭遇!オカパネこと岡村麻純さんともお初でした!!

2015-12-13-8.jpg

いやあ万哲、今まで会っていそうで実は一度もお目にかかれていなかったのでオッズを動かすオトコをひとまず撮っておく事に(笑)実は万哲、この時の予想レースの本命は外していますが○▲がきっちりと2着3着に来ていた!恐るべし万哲と改めて思った私。

2015-12-13-9.jpg

第5レース、本来なら典弘の騎乗馬なしだったのですが、負傷騎手の代役で急遽有力馬に騎乗の機会が!そしてヒヤヒヤさせながらもギリギリ差し切って新馬戦優勝!ウィナーズサークルまで走るぜ私!(ちなみに騎乗変更前に予想は終えていたので、典弘応援馬券が買えずに馬券は外している。笑)で、勝った後に気付く。キタサンガンバ、え?オヤジの馬?

2015-12-13-10.jpg

土曜の昼間から新馬戦観にオヤジが来ている訳がない!ウィナーズサークル付近がざわついていた所、一際ざわつく。オヤジ来てるよ!しかも馬主席からスタンド横切って客席からウィナーズサークルへやってきましたよ北島三郎さんが!!!パドックで遠巻きからお目にかかった事はありましたが、至近距離での北島さんは後光が射していました(笑)

2015-12-13-11.JPG

ウィナーズサークルでの表彰式がはじまるまでのわずかな時間、優勝馬の到着を待つ北島さんが客席の方へ向かって言うのですよ。

『お、表彰式はじまる前に写真撮ろうかっ!』

私の2メートル前で、芸能世界の頂点に君臨する人間国宝みたいなお方が、一番最初に向かったのは、声を発したのは応援してくれるファンに対してでしたよ!

2015-12-13-12.JPG

今日、北島三郎さんを見たら、なぜ氏が一流なのか、確固たる地位を築けたのかよくわかりました私。自分がここにいる理由に対して深い感謝を届けてくれる。応援してくれる人を隔てなく真摯に大切に向かいあう。誰もができる事ではないと改めて気付く。

典弘を応援、祝福しに行ったら勝った馬の馬主が北島三郎さん。今日は色々な方に出会いすぎてお得感満載な日に思えて仕方がない私。この日の優勝が布石になったのだろうか?北島さんの期待馬キタサンブラックと(負傷騎手の代役として)新コンビ結成で有馬記念に参戦する事に!私的に熱い展開!いや~、なんて良い日なんだって思いましたね(笑)

2015-12-13-13.jpg

返し馬での典弘。ラチ沿いを疾走。「ヨッ!伝統芸!!」と、心の中でつぶやきながら撮る私(笑)

2015-12-13-14.jpg

人気、実績共にノーチャンスな騎乗馬で撮影が1周目の追走のみにとどまる(笑)

2015-12-13-15.jpg

この日の準メイン、この日2度目の負傷騎手からの人気馬の代打騎乗で快勝!現場的には嬉しいのですが、あとで冷静になって考えると、タナボタ勝利がふたつだった訳で(笑)

でもやっぱり私は嬉しいですよ!

2015-12-13-16.jpg

典弘が自身の騎乗を解説する横山典弘TVがあったら私絶対観るんだけどなあ(笑)

2015-12-13-17.jpg

この日のメインレース、ステイヤーズステークスでの典弘と騎乗馬のカムフィー。カムフィーがデビューした頃から見ているので重賞の舞台に駒を進めてくると感慨深い物が私。

2015-12-13-18.jpg

有馬記念でゴールドシップに乗れないニュースを聞いたばかりだったので、この日の私はカムフィーにかける期待が大きかったです(勝てばそのまま有馬記念参戦が現実味を帯びるから)最終的にはキタサンブラックに乗れることになってひと安心したのですが(笑)

2015-12-13-19.jpg

そんな訳でメインレースも典弘の応援を私。典弘のはるか前方をぶっちぎった競走馬がいた模様ですが、こちらの2着争いが私的には熱かった(笑)外から詰め寄られる厳しい展開も差し返して2着を確保!この日は典弘の応援に行って2勝2着1回、十分すぎたよ!

2015-12-13-20.JPG

ステイヤーズステークスのアルバート強かったなぁ・・・って、この1枚しか撮ってなかった(笑)でもとてもカッコよく撮れた1枚な気がするのでこれはこれでアリだと思う私。

2015-12-13-21.jpg

勝負事なので思い通りにいかない事の方が多いのですが、そんな中、応援している人が勝つとやっぱり嬉しくなるし元気を貰える。それが新馬戦でも条件戦でも、大きなレースじゃなくても嬉しさであふれる私。今年最後の中山競馬場での撮影、とても楽しく過ごせましたし、楽しさがあふれる、私の熱や渦が伝わるような写真が撮れたかなって思います。

そんな訳で私の方はひと足お先に2015年の中央競馬の撮影を終了。そう、中央競馬の撮影が終了。年末の東京大賞典は行きますのでそちらでもうひと勝負ですよ私(笑)


コメント(1) 

CALLING 56 [CALLING]

2年前に撮ってまだ仕上げていない写真がある私。

2015-12-13.jpg

写真作品として仕上げ終えたら、何かひとつの大きなものが終わりそうな気がして寂しさが一気にあふれそうな気がする。未完のまま残しておけば自分の中で何かひとつ楽しみが残ったままのような気がしてならない。相手の元に届く事のない贈りものがある事も、時にはあったって良いのではないだろうか?今でも幸せと未来を願う事が最大の贈りものだと思う私。

届いたコメントに私が返信をするコーナー、CALLING スタートです。

Keep on Calling おまえのために

●K山さん

こちらこそ返信が滞りご無沙汰しております。いただいたディスクの方はゆっくり見させてもらっています!今までブルーレイ持ってなかったのですが、PS4を部屋に導入したのでようやく(笑)4部までアニメ化される吉報に驚いていますっ!

果実園の方は、初入店の時にケーキとパフェとパンケーキの3品頼もうとしてお店の方に一度止められましたから(笑)栗が重かったのですよ。最初からマスカットのパフェ頼んでいたなら残さなかったのではないかと思う私がいる訳ですよ!(言い訳。笑)

2012-11-4-1.JPG

K山さんと最後にお会いしたのが2年前で、長澤さんの写真集が出たのも3年も前になるのですね。早いというか時間が止まっているような感覚さえも。各々が歩んだ道は、今は別れているかもですが、歩んでいる道は広く繋がっていて、各々が見上げている空は誰の元にも広がっているので、そう考えるとこれはひとりではないんだなと思う私もいるんですよ。

まあとにかく、お忙しい毎日、しかも年中花粉症のK山さん的には猛威襲来直前で気が休まる暇がないかもですが、時には歩んだ道のりを振り返るのも良いかもって思いましたね私。また会えたら良いねって思う私もいれば、今会えない事こそが最高の幸せの最中であろうって思える事も、どれも正解だと思うけれども、また縁があれば皆で笑いあえたら良いですね!

と、ここまで書いてオチがない事に気付くが、たまにはそういう日も良いでしょう(笑)


コメント(0)