So-net無料ブログ作成

2017 FAKESTAR [THAT'S LIFE]

一昨年の末に祖父を亡くし、丸一年。

ギリギリ明けているのか、明けていないのか、どちらも感じる私がいまして。

先日、一周忌を終え、この一年、手を合わせ、祖父との対話も増えたので、これは心の持ちようひとつでギリギリ前者なのではないかと新年の朝を迎えた私がいます。

そんな訳で、昨年の年始にできなかった恒例のやつを私。

2017-1-1-1.jpg

2017年、今年もよろしくお願いいたします。

私が苦しい時に向かいあってくれた方々、支えてくれた方々、力をくれた方々へ。旧年中はお世話になりました。そんな皆様方へ、感謝の気持ちを持って、何かしらのカタチを届けたい、お返ししたい1年を過ごしていく所存でございます私。

いつもこの場所を訪れていただく皆様方へ。どうしていつもこんな場所へ、マジで?って思いもするのですが(笑)何かを通じてこの場所に辿りついた事や縁、頂いた言葉は確実に私の衝動を生んで、また新しい何かを創り出す力となっています。自分の為にやっている事なんだけど、私が創りあげた何か、発した何かに共感があるなら幸いです。

年末のラストがノクターンなら年始のトップ(1曲目、最初の記事)はFAKESTAR(黒夢)だろうよって事で。いや、もう訳がわかんねえよって感じで申し訳ありませんが、これが私流、Doubtsider流の1年のスタートって事で、祖父の一周忌を終え、いつも通りのスタートを私。

そんな訳で2017年、皆様方が健康と笑顔と幸せに溢れた日々になりますように。


コメント(1) 

夏休みにかき氷を食べに私。 [THAT'S LIFE]

今年の夏、まるで夏らしい事をしていない事に気付く私。お盆休みがない私、その代わりに職場から6月から10月までの間に4日間好きな日取りで休暇を取って下さいと言われている私。これは夏休み取って何か夏らしい事をしなければ私。

2016-8-27-1.jpg

で、今年も行ってきた訳ですよ。かき氷を食べに。台風の影響で仕事の予定が延期しまくりだったので、夏休み1日取って行ってきた訳ですよ。巣鴨にある雪菓さんという所へ。ええ、この日の予定はこれだけ。かき氷食べるだけの為に東京へ出てきた私です(笑)

昨年こちらへ訪れたのは大雨の日だったので、今度は夏らしい日に行きたいですよねえと思っていましたが、まあそんなお日柄もよい1日。かき氷を今食べたら一番おいしいだろう?って思える真夏日の14時過ぎに到着したお店の前には平日にもかかわらず行列が・・・順番待ちを管理する用紙に名前を書いた訳ですが、私で本日76組目でしたよ(驚愕。笑)

2016-8-27-2.jpg

で、店頭の行列も私の前に8組ほどいたのですが、15分も待たずに中へ入る事ができましたよ私。この日食べたのはティラミスのかき氷(平日限定との事)中には刻んだコーヒーゼリーやクリームが入って二層にも三層にも!期待以上の味わいが口の中に広がりましたよ!!14時で売り切れになっている品もあったりして大盛況の店内で満足に完食の私。

たったこれだけの為に夏休み1日使った訳ですが、好きなバンドの曲を聴きながら数時間かけて移動して、おひとりさまで行列に加わり、食べたいなと思ったかき氷食べて帰って来る。何とも贅沢な1日、何とも贅沢な夏休み。

今年も夏らしい事ができて思い残す事はない私。おいしかったね!!


コメント(1) 

休日に展示巡りの私。 [THAT'S LIFE]

5月7日、大型連休も終盤を迎えたこの日、東京へ向かった私。1日に展示を3件巡ってきた訳ですが、巡った場所場所で私は何を感じたのだろう?と、興味深い私がいたのでブログ記事にしてカタチに残す事に私。偶然にも会期が3つ重なった事がまずは良いめぐり合わせで(笑)

2016-5-22-1.JPG

この日の展示巡り、最初に訪れた場所は京橋のギャラリーオルテールにて開催されていたニンフェットの森展でした私。過去に個展に伺った事もある根橋洋一先生と古川沙織さんが参加されているグループ展。グループ展の良さは自分が知らない創り手の方の作品との思わぬ出会いがあるという事。創り手ごとのテーマの解釈、伝え方が観ていて楽しいひと時に。

2016-5-22-2.jpg

在廊されていた古川さんにご挨拶し、展示作品に魅入る私。結果、その中のひと作品を購入する事に!古川さんが展示されていた作品は全て今年になってから描かれたもので、今回の展示に向ける気合いのようなものを感じましたよ私。

以前、古川さんの個展に伺った際にいつか古川さんの作品を手に入れられたら良いなと言う想いを持っていまして、こちらの作品、海を知らない少女を観た時に私の部屋に、日常に溶け込めそうな予感がしたので数ある作品の中からこちらを選んだ次第であります私。

展示の会期を終え、購入したこちらの作品が私の元へ届いた時に改めて衝撃を受ける訳ですよ。展示よりも近い位置で作品をじっくり観ると鉛筆画と水彩画が織りなす輝きがそこに!私にはキラキラしたものに見えて、ずっと観ていたい何かを感じたのですよ。

2016-5-22-3.jpg

根橋先生とも個展以来の再会を果たし、心が浄化された気持ちになりました私。根橋先生は仏のような方なのでお会いする度にありがたい気持ちになります(笑)

展示会場に入り、根橋先生の作品を観た瞬間に「あ!これは以前購入した作品と同じ額だよ!!」と、そこからじっくりと魅入る事に私。根橋先生曰く、同じ額をふたつ購入した後、同時期に制作された作品たち。ある種の姉妹とも言えるような雰囲気を放っています。

以前購入した作品のタイトルが「いつも一緒に」今回購入した作品が「理由を探して」私の日常に溶け込むような作品と巡りあえた事から「いつも一緒に」を購入した訳ですが、同時期制作のある種の姉妹作。2作揃った際に「理由」はここに在るかもと感じた私が。

根橋先生がこちらの写真を見て『一緒に並んだ作品が見る事ができて幸せです』と、ありがたいお言葉をいただき、私自身も一緒に並んだ作品たちから、より大きな力と彩りを貰える事になると改めて感じ、日常に溶け込んで毎日観る事ができる幸せをかみしめています。日常に溶け込む特別、とても贅沢なものだからこそ、大切に、感謝をもって感じなければ!

2016-5-22-4.jpg

いつ頃からか、ポストカードサイズの作品を自分の手が届く範囲に飾って、当たり前の景色ながらも大切なものとして昇華する事がおしゃれな事ではないか、創り手の方へのささやかながらの感謝ではないかと感じるようになった私。今回購入した作品たちが私の部屋の景色に、日常に欠かせぬ程のものとなるように、これから共に重ねる日々が楽しみな私がいます。

2016-5-22-5.JPG

京橋でのニンフェット展を後にし、徒歩で日本橋三越へ私。やってきましたよ武豊展へ。横山典弘好きの私が武豊展へ(笑)最初に言っておく、私の魂の叫びを。

横山典弘展はないのか!!!(笑)

まあ、典弘展の事はひとまずおいておき、武豊展入場直前に入口で1枚。ユタカ本人のサインや今年の天皇賞を勝ったキタサンブラックの馬主である北島三郎さんのサインに目を奪われる訳ですが、気付く人は気付く木梨さんのサインがこっそりと。なお、木梨さんのサインはありましたがペレのサインはなかった模様(笑)

2016-5-22-6.JPG

場内に入ってすぐのニエル賞の連続写真に魂が揺さぶられましたね私。フランスのニエル賞をラジオの生中継で聴いていた時の衝撃と興奮が呼び起こされたというか、あの時感じた想いが補完されるような感覚がありましたね私。加えて、場内に展示されている写真パネルを見て、その時の記憶が鮮明に蘇るんですよね。これは素敵な感覚だと思いましたね!

写真撮りの私には写真が一番響きましたが、記念品を置く空間の間の心地良さがなんとも秀逸。ユタカと共有した時間の数だけ感激が増える展示だ!

以下私のささやかな戯言。

●展示していた国内レースの写真は各年のG1レースを主体としていた魅せ方であったので致し方ない部分ではあるのですが、「サイレンススズカとの毎日王冠」や「ナリタブライアンとの阪神大賞典」の写真がない事に少しだけ残念な私がいた。競馬史に今なお輝き続ける伝説のG2。それはユタカの歴史の中でも大きなものであったと感じているのだから私。

●武豊展の公式グッズとは別に、展示と隣接するエリアでは競馬関連の美術品やJRAの騎手が使っているデサントのプロテクターやグローブなども販売されていたのですが、くまなく探しましたがみつける事はできなかった。売り切れたのか、もしくはその存在は闇に葬られたのか、世界を震撼させた最強の馬具、「園芸用手袋」は売っていなかったよ(笑)

そんな訳で、気になる所はありつつも武豊展、十分な程に楽しめましたよ私。展示開催前にキタサンブラックで天皇賞に勝利してこれ以上ない展示のスタートが切れたり(写真パネルや記念品が追加されたし)会期中にかしわ記念にも勝利して、何とも言えない縁や勢いを感じましたね。先日のイスパーン賞の品々も京都や新潟の展示で増えるのか!とかね。

1回しか観れなかった私ですがもう1回観たかったですね~。この日は1日に展示3つ巡る関係から長時間観る事は叶いませんでしたが、それでも堪能できましたし、そんな感覚だからこそもっとじっくり噛みしめたかった私も。とにかく競馬世界の住人の私には何とも贅沢な空間でした。そして改めて思う。これが横山典弘展だったら帰って来れませんよ私(笑)

2016-5-22-7.JPG

武豊展を観終えた私は今度は神保町へ赴き、珠かな子(たまかなこ)さんの展示、マタギタマへ私。村田タマさんから改名されてのはじめての展示、改名記念展だった訳ですが、タマさん時代の作品から最新作まである種創り手としてのたまさんの歴史を感じる事ができる最新作でありながらベストアルバムのような香りが漂う空間になっていたように感じましたね私。

2016-5-22-8.JPG

画廊のオーナーから許可を得て撮影した1枚、実際にたまさんが撮影で用いたクマの毛皮が一緒に展示されていたのですが、いやあ、圧巻。こういうのは予備知識なく現場で驚いて欲しいなと思う私がいるので(SNSで情報が氾濫する現在と言えど)展示終えるまでは写真として出さないというのもひとつの楽しみ方かなあと思ったりする私。

(注:この場所で自撮りや記念撮影に使って下さい的な旨もあったのですが、基本的には展示イベント内で作品を間近にして写したりなどはできませんので、そのあたりは場内のルールなど都度確認して展示を楽しめれば粋な人だと私は思いますよ)

2016-5-22-9.JPG

それにしてもすごい迫力・・・許可をいただいて少しだけさわってみると意外とふわふわしていた(笑)場所によっては枝毛だらけでゴワゴワしている所もあったのだとか(笑)

今年の初めに観た(村田タマさん時代の)前回の個展より魅せ方が洗練されていて、額装、箱額、シャーレにシートと楽しくなりました私。会期を終えた催しですが是非生で観て欲しいですよとおススメしたくなる空間でしたよ。村田兼一先生の出展作品もあり、額装写真にファイル展示、テストプリント販売まですべてたまさん祭り、それはそれで贅沢かつ新鮮(笑)

ホント、たまフェス!とでも言いたくなるようなマタギタマでした。

2016-5-22-10.JPG

1日に展示3つ巡る事になった私ですが、久しぶりに休日目いっぱい使う事になりました。改めて思い返しても、訪れた各所で感じた事は異なっていて私がそこへ向かう意味合いや感じ取りたい何かが、「そこでしか感じる事ができない何か」があったのだろうと思うばかりです。

縁あって購入した作品を日常に溶け込む程に日々を重ねて、そこから彩りを貰える瞬間と言うのも確かに好きです私。と、同時に作品を魅せる、伝える事に特化した非日常の空間も好きな私がいます。テーマパークやアトラクションに惹かれる事はない私ですが、私が展示の現場で味わっている感覚って、きっと同じようなものなんだろうなってやっぱり思います。

楽しい1日でした!のひと言では片付けられない程の贅沢な1日。訪れた場所にはそこでしか感じる事ができない何かが。日常と非日常が密接に絡み合うような、各々の場所に関連性がなくても、同じ日にこの3つの展示巡ったら、改めてね、あ、どれもやっぱり私を形成しているものだわって感じた訳だから面白い。人を知る旅であり自分を知った旅でしたね私。


コメント(0) 

ホワイトデイ [THAT'S LIFE]

3月14日、ホワイトデイ。いつもこちらへ訪れる皆様へ感謝の気持ちを。

2016-3-14-1.jpg

ホワイトデイ、この日は、私が苦しい時に支えてくれたり、手をさしのべてくれた方々に対して、いつまでも感謝の気持ちを忘れずにと改めて思う日。返す感謝は、写真であったり、言葉や文章であったり、立ち振る舞いであったり、人によって返す形が変わるかもしれませんが、あえて言います。感謝しています。返しきれぬ程の想いは、時間をかけてでも誠実に。

生きているのかと言われたら、やっぱり活かされているんだなと思う訳ですよ私。

好き勝手にわがままできるのも、私の事を活かしてくれる方々や環境があるからであって、そこを絶対に忘れてはいけないと感じるばかりでございます私。

誕生日は、祝福される日ではなく、より感謝する日ではないかと思います私。この気持ちだけは忘れずに持ち続けて、感謝を返せる私でありたいなと思います。


コメント(1) 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 [THAT'S LIFE]

昨年は大変お世話になりました。

昨年末に祖父を亡くし、

新年のご挨拶を失礼させていただきます。

向寒の折柄皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。


コメント(1) 

果実園パフェリベンジの私。 [THAT'S LIFE]

これは甘党の私が生まれてはじめてパフェを食べきれずに残してしまう失態を犯してしまったが為に、このままでは終われないと後日リベンジに向かったお話であります私。

2015-11-28-1.JPG

以前、ひなさんからおススメのパーラーを紹介していただき、そこで食べたズコットとパンケーキがとてもおいしくて、また行きたいなと思っていた私。その時の模様はこちら↓

http://nakayasu-crz.blog.so-net.ne.jp/2015-10-06

で、はじめて伺った時にはズコットとパンケーキのあまりのボリュームにパフェを注文する事ができなかった私。これはもう一度行かなければという事で2度目の果実園へ私。

2015-11-28-2.JPG

11月の上旬に都内へ買い物をする用事があったのでその予定に合わせて【果実園へパフェを食べに行く為】だけの為に東京駅で下車(笑)パフェを食べに来た目的でありましたが昼食がまだだったので、パンケーキも注文の私。はじめての際にもパンケーキを注文しましたが、今回はお任せフルーツのパンケーキを私。ものすごい食べごたえなのよ・・・

2015-11-28-3.JPG

シフォンケーキだけじゃないのよ。フルーツの下にパンケーキが隠れていますから(笑)このひと品だけで十分なボリューム・・・ちなみにここのフルーツは大満足の絶品です。一度行くとひと月分のフルーツは食べたかのような満足感が(笑)

2015-11-28-4.JPG

で、本日最大の目的、果実園でパフェを食べるの巻。私が注文したのは和栗のパフェ。もうね、栗が栗に見えない程のボリューム。。。私、栗好きだけれどもここまで食べたいかと言われると・・・パンケーキ食べた直後なだけに早くも暗雲が立ち込める(笑)

おいしい!おいしいのだが・・・・栗1個が非常に重い!そんな栗が6個とか8個も!(笑)

2015-11-28-5.JPG

で、上部の栗食べて安堵を迎えたかと思ったらグラスの底に和栗が3個4個迎えてくれましたからね(笑)すみません・・・超甘党の私でしたが、生まれてはじめてパフェを残してしまう大失態を!大ショックです。。。たぶん全部食べたら気持ち悪くなって帰宅する事ができなかったはず(笑)写真で見る以上に大粒の和栗、1年分の栗を食べたよ・・・(笑)

(おいしかったんだけど)パフェを残してしまった失態をひなさんに伝えたら、

『次回はひと品にする事をお勧めいたします。。。』

大変ごもっともなありがたき高尚なお言葉をいただく(笑)

この失態、早急にリベンジが必要だと帰り道に誓った私がいた(笑)

2015-11-28-6.JPG

先日の失態からひと月と経たずにリベンジの機会が訪れた私。村田兼一先生の個展を観に東京へ向かうので、個展へ行く前に東京駅で(果実園に行く為だけに)下車して果実園パフェリベンジを私。土曜の夕方の果実園、物凄く混んでて行列行列・・・・待ってる間にWIFIに繋いで競馬の結果を確認しようと思ったら、受信エリアにギリギリ届かず!(笑)

2015-11-28-7.jpg

果実園パフェリベンジに向けて、ひなさんから大変ありがたいお言葉を頂きましたので今回はひと品入魂の完全勝利をという事で、パフェと飲み物のみ注文の私。

今回注文したパフェは岡山産のシャインマスカット、瀬戸ジャイアンツのパフェを。なんとこのパフェ2000円もする!(ちなみに先程の和栗のパフェは1500円ほど)

そして・・・驚くほどにおいしい!驚くほどに大粒で今回も強烈なボリュームに!そして、予想通りにグラスの底に大粒マスカットが出迎えてくれた!(笑)

今まで食べたマスカットで一番おいしいかも知れないとマジで思いましたよ!

2015-11-28-8.JPG

11月にスイカのフレッシュジュースが飲めるというのが信じられないっ!他にもメロンやキウイ、フルーツミックスとか色々とジュースの品目がありましたが、物珍しさから迷わずスイカに行きましたね私。一杯800円で炸裂するパーラークオリティ!(笑)

2015-11-28-9.jpg

ひと品入魂、超甘党の私が甘い物を残すなんて失態以外の何ものでもない。リベンジは果たしたがひと品入魂でさえ強敵だった・・・気が付けば完食した際にはものすごくお腹いっぱいな私がいた(パフェだけしか食べていないのに)おいしかった、が、果実園に来るたびに思う。1年分の○○を食べたなと。今回はね、1年分のマスカット食べたような気がしてなりません(笑)

ここでフルーツ食べると他でフルーツ食べられなくなると感じさせる程の魔力が果実園にはある。また行きたいなと思わせる程の魅力が果実園にはある。私の誇りと尊厳を取り戻すために敢行した果実園パフェリベンジ。私の誇りと尊厳を取り戻すための費用は3000円だった模様。これがおひとりさまの出来事の私。そちらの誇りと尊厳はどうにかならんかね?(笑)


コメント(1) 

続・夏休みにスイーツ巡りの私。 [THAT'S LIFE]

今年の夏、まるで夏らしい事をしていない事に気付く私。お盆休みがない私、その代わりに職場から6月から10月までの間に3日間好きな日取りで休暇を取って下さいと言われている私。これは夏休み取って何か夏らしい事をしなければ私。

と言った感じで、先日巣鴨の方へスイーツ巡りを敢行した私でしたが、10月末まで使える夏休みがあと1日残っているんですよねえ私・・・

そんな訳で本日、10月ですが夏休みの私。夏休み最後の1日を豪華に、優雅に、だけど孤独に(笑)おいしいお店に行ってきましたよ私。

2015-10-6-1.jpg

今週、根橋洋一先生の個展がありまして、絶対行きたい!と思っていた私は先生の個展へ伺う前においしいお店に行けない物かと思った訳ですよ私。

で、先日の巣鴨スイーツ巡りの際に素敵なお店を紹介していただいたひなさんに聞いてみたのですよ。「(根橋先生の個展会場から近い)東京駅近郊でおススメの店はありますか?」と。

『残念ながら東京駅付近の情報は持ち合わせてなくて・・・』と、ひなさんが。

ですよね~、ですよね~?そんな都合よく知ってる訳ないですものねぇ。いやあ、今回は自分で探すかあと思っていたら・・・

『あ!そういえば果実園と言うパーラーのズコットがインパクト大ですよ!!』

いや・・・お会いした方なら絶対伝わると思うのですが、ひなさんって絶対に良い人だと思う(笑)情報持っていないのに私なんかに時間割いておススメを探し伝えなくても良いはず(笑)

ここまでお気を遣われたら絶対に行かなきゃダメでしょう私。根橋先生の個展へ伺う前にとても幸せな気持ちになろうじゃありませんか!楽しみで仕方ありませんでしたよ私。(根橋先生の個展へ伺ったお話は後日ブログ記事にする予定です私)

2015-10-6-2.jpg

確かにインパクト大!ひなさんからズコットのお話を聞いていたのでズコットは食べなきゃダメでしょう私と言う事で、フォーベリーのズコットを注文の私。今日はチョコレートケーキベースだったのですが、オーソドックスなタイプもあるとの事です。と言うか、素敵だ!!!

2015-10-6-3.jpg

食べるのもったいない位の意匠が・・・・まるでロッククライミングの突起みたいに(もうちょっと良い例えあるでしょう私。笑)驚くよ?思っているより甘くないの!そこにまず驚いた!!

2015-10-6-4.jpg

まるで遺跡の様ですよ。歴史的発見の生き証人のような気分です私。何とも豪華でパワフルな断面でしたよ。幸せを通り超えて伝説を感じています(笑)

2015-10-6-5.jpg

パンケーキフルーツミックスクレープ包み(そんな感じの名称だった気がする)いや、私さ。外食でパンケーキはじめて!いつかは!と思っていたので念願叶ったというか、一見パンケーキに見えない!たぶん今日で1年分のフルーツ食べてるかもな私です(笑)

で、このごろごろとふんだんに使われたフルーツがさ、めちゃくちゃおいしいの!

2015-10-6-7.jpg

ごろごろしたフルーツ郡の下にパンケーキが隠れている・・・イチゴのアイスクリームもトッピングされ、このひと品だけで十分すぎるほどの量と贅沢ですよ!このパンケーキ、また食べたいかも!ってマジで思った私。もう一度言うが1年分のフルーツ食べてる気がする!(笑)

2015-10-6-6.jpg

ホントはさ、ズコット、パンケーキ、パフェの3種食べるつもりでいたんですよ私。このボリューム見ました?いやあ、パフェは無理でしょう!(笑)そういう訳で和栗のパフェは断念しましたよ・・・・次回東京へ行った際の宿題ができた気分です(笑)

ズコットとパンケーキで十分すぎる程幸せになれた私の夏休み最終日。私の思考ならフルーツ全開なメニューを食べようとは思わなかったですね。だからこそ、まず自分ではいかないようなお店をおススメしていただいて出会う瞬間が面白くも驚かされるひと時に!

改めて、巣鴨の雪菓さん、フレンチパウンドハウスさん、東京駅での果実園さんと巡った私の夏休み。この夏最高の思い出をありがとうと改めて伝えますよ!そしてね、こんな素敵なお店の数々を教えていただいたひなさんへただただ感謝するばかりの幸せな夏休みでした!


コメント(0) 

夏休みにスイーツ巡りの私。 [THAT'S LIFE]

今年の夏、まるで夏らしい事をしていない事に気付く私。お盆休みがない私、その代わりに職場から6月から10月までの間に3日間好きな日取りで休暇を取って下さいと言われている私。これは夏休み取って何か夏らしい事をしなければ私。

2015-9-9-2.jpg

展示の機会などでよくご一緒するひなさんからおいしいかき氷のお店を紹介していただき、夏が終わる前にかき氷食べに行く事に私。私の夏休み9月9日の出来事。ちなみにこの日は終日大雨(笑)長袖着てかき氷食べたのははじめてかも知れません私(笑)

2015-9-9-3.jpg

ひなさんが紹介してくれたお店は巣鴨の雪菓さんと言うかき氷屋さん。私が思い描いていたかき氷の想像をはるかに超える!衝撃しかない!!ふわふわ?溶けるような?私の中で適切な言葉がまるで決まらない!ただただ言いたい。今年の夏、最高の思い出をありがとうと!

2015-9-9-4.jpg

ひなさんに『巣鴨にはショートケーキのおいしいお店もありますよー』と言われ、私はひとり優雅にフレンチパウンドハウスというケーキ屋さんへ。かき氷の後にケーキ屋行くんだぜ私(笑)つまり、この日は昼食にかき氷、デザートにケーキ。そういう事だろ?(笑)

2015-9-9-5.jpg

とても幸せな気分!これだけ優雅な気分もこの日は大雨で広い店内がまるで私の貸し切り状態。あまりに落ち着かなくて窓際の隅の席に陣取る私(笑)加えて言うならこれだけ優雅な雰囲気も、席の向かいは私の荷物。優雅だがあまりに孤独なひと時(笑)

今度は天気が良い日に誰かと一緒に行きたいですよね私。うん、良い夏の思い出ができました私。大雨の中、ひとり夏休み。平日の昼間にひとり優雅にスイーツ巡りの私。皆が私とご飯一緒に食べたくない理由が伝わるような1日ですよね(笑)


コメント(0) 

おおっと! [THAT'S LIFE]

何かを更新しようとしていたのですが、何を更新したかったのかを見事に忘れています私。近況をまとめたかったのか、知り合いのおいしいお店を紹介したかったのか、何を更新したかったのか思い当たる節があるが思い出せない。。。が、ブログ記事更新には強烈な労力を使用するので後日、余力十分な時に更新しようと思いますよ私。

「おおっと!」

ウィザードィで出てきたワードだと思うのですが、まさにそんな気分なのですよ私。このワードさえどの状況で出たんだっけ?って思い出せない私がいる(笑)


コメント(0) 

ここしばらくの私。 [THAT'S LIFE]

何かをやっていたようで何もやっていないような気もしたし、では、ここしばらくの間、私は一体何をしていたのだろうという、ここしばらくの私を解凍実験解答実験の私。

2015-7-31-1.JPG

6月9日のBGM、ロックの日には当然ながらCRAZEしかないっ!

2015-7-31-2.jpg

もうかなり昔の事のように思える・・・そう感じるのは宝塚記念があったからだとしか思えない。。。私的には宝塚記念のゴールドシップは嫌な予感が漂っていたので(典弘ウォッチャーの私であっても)軽視していたのですが、まああそこまでの事態は予想外で・・・しかしながら天皇賞春で魅せた典弘のスーパープレイは決して色褪せるものではないはずだ。

2015-7-31-3.jpg

6月の初週に村田兼一先生の個展を観に行きました私。写真集発売を記念した展示内容で、かれこれ個展に伺うひと月以上前に写真集は出ていたのですが、何も情報を入れずに現場で生きた作品群を感じたい私は個展を観るまで先生の写真集を買わないという暴挙を(笑)しかしながらこの我慢が功を奏し、展示内容に圧倒された私の感激は重く、深かった!!

2015-7-31-4.jpg

で、村田先生の個展にて部屋に末永く飾れるような作品を購入の私。以前、村田先生がポストカードサイズの作品を額装して壁にかけて展示していた光景がとても粋に見えて、小さいサイズの写真を額装したい私がいたので、額を探しに探す。まるひと月探してこちらの額に落ち着く。現物が届いて額装したらイメージ以上のインパクトに感激しっぱなしの私が!

いつ頃からか何事も安易に消費したくない私と言うのがいて、次から次へ矢継ぎ早に物事の前を通り過ぎたくないし感じたくない。昨今の消費されるペースは恐ろしいなと思うからこそ、自分の中で消化して昇華したい想いが強くなって、以前よりはひとつの事に長く向かいあいたい私がいる。消化して昇華されたからこそ、先生の作品を額装して飾ったのだと思う私。

2015-7-31-5.JPG

額があると写真が変わる気がする。

額を手にいれて写真がまた楽しくなった。

村田先生の作品を飾る為にひと月悩み探した額に村田タマさんの作品を入れてみる。写真の印象も額の印象も変わった。私が次にすべき事はこの作品の為の素敵な額を探す事。 タマさんの作品に合うような額を探す時間と言うのも楽しいはずだし、額装してからこの作品にまた新しい時間が流れるような気がしてならないので、額探しが今から楽しみですよ私。

2015-7-31-6.JPG

私認定の最強のおやつ。最大の難点は中々売っていない事(笑)黒チョコオレンジピールと白チョコ蜜漬けリンゴの2種類ありますが、間違いなくこちら。しかし売っていない(笑)

2015-7-31-7.JPG

慎一郎さんの20周年、10周年の時のwaisted garageの時は相応の時の流れを感じたが、その後の10年がまるで一瞬の様だ!贈り物のジャケ写の方が好きな私が!

2015-7-31-8.JPG

7月10日、口枷屋モイラさんの個展を堪能の私。まるで10曲入りのアルバムの美しさ。潔くて曲順(展示の配置)が秀逸。私が心奪われたのはファイルの中の上野瞳さんの1枚だった。 写真を見て創り手の精神世界を旅行している気分になれるというのは、やっぱり幸せな気分になれると再確認の私。高揚と嫉妬が両方来るんですよね。火をつけられる思いの私。

2015-7-31-9.JPG

で、この日モイラさんの展示を観に行った際に及川さん作の愛のなまこストラップを落とす。四六時中見守り続ける愛の化身を落とした先に何があるのかと思ったら、後日に及川さんの所でショッピングサイトがオープンして落としたものと同じものを買う事に(笑)

2015-7-31-10.JPG

先日、世界的美術品を某所へ輸送するという任務を遂行の私。道中はスパイ映画やMOZUの世界の中にいるような気分に(笑)そんな時間を過ごせただけで十分楽しかったのに、後日この件でお礼を頂く。お心遣いに感謝の私。輸送先は都内だったのですが頂いたお心遣いは名古屋のお菓子。。。このあたりがこの案件最大のミステリーだったりします(笑)

2015-7-31-11.JPG

約束は交わすための物じゃない、果たす為にあるんだ!数年前、ひと目ぼれしたその勝負服はプロトタイプで商品化は未定、発売されたら世界にひとつしかないその原型を君に残しておくよと言う約束。オトコの世界へようこそ。私は感激の真っただ中にいる!7月の真夏日に手にいれたこの洋服は長袖(笑)今からこの勝負服に袖を通す秋口が楽しみだっ!

2015-7-31-12.JPG

オトコが城を構えたなら、祝いに行くのがオトコの流儀ですよね。

10年ぶりの素敵な再会でした。

出会ってから今までの時間がまるで一瞬。なのに未来を思い描く時間はゆるやかに。

そんな訳で不良の町森下に2年ぶり位に来訪の私。変わっていそうでまるで変わっていなかった時間軸が少しだけ嬉しかったですよ私。また行くよ!

2015-7-31-13.JPG

ホットドッグ屋さんだったりしますが、最強は自家製レモネード(笑)ひと通りメニューを制覇したい私がいるのですが、続々とメニューが増えるお知らせを聞くと嬉しい悲鳴に。日替わりデザートもあり、これもまた全制覇が遠そうな予感(笑)10年ぶりの再会に昼食を我慢して迎えたこの日の遅めの昼食。1000円で幸せなひと時。うち100円は開店祝いのチップ(笑)

2015-7-31-14.JPG

そんな訳でツイッターで公開した画像をひとまとめにして、時系列は完全無視にて再編集してブログ記事にしましたよって感じですが、まあとにかくそんな解凍実験解答実験、いかがでしたでしょうか?安易に消費しない、消化して昇華する。少しでも伝われば幸いですよ私。


コメント(1)